22 . 条 件 分 岐 と は
トップページJavaScript → JavaScriptと条件分岐

条件分岐とは、「もし〜だったら〜しよう」ということを指します。例えば、「もし、晴れだったら外出しよう」 こんなのが条件分岐ですね。
コンピュータの世界では、「もし、変数Aの値が100以下だったら処理Bを、そうでなかったら処理Cを実行しよう」ということになります。



   23 . i f 文
トップページJavaScript → JavaScriptと条件分岐


if文とは、条件を指定し、その条件に合うのか、そうでないのかを判断し、その判断に応じた処理をさせたいときに使います。
書式は以下の通りです。
if ( 条件 ) {
//条件が真の場合に実行される
}
例えば、「変数aが10のときはaに100を加える」という処理をしたいとすると
if ( A == 10 ) {
  A=A+100;
}
となります。

フローチャート
フローチャート



   24. i f 〜 e l s e 文
トップページJavaScript → JavaScriptと条件分岐


「もし〜だったら〜しよう。そうでなかったら〜しよう」ということです。例えば、「もし、晴れだったら外出しよう。そうでなかったら家にいよう」をif〜else文をつかって表現できます。
if ( 条件 ) {
  処 理 A ;
} else {
  処 理 B ;
}
例えば、「変数aが10のときはaに100を加える、それ以外の場合には100を引く」という処理をしたいとすると
if ( A == 10 ) {
  A=A+100;
} else {
  A=A-100:
}


フローチャート
フローチャート

「Aが10のときは処理A、20だったら処理B、30だったら処理C、それ以外だったら処理D」なんかの処理には こんな書き方もできます。
if ( A == 10 ) {
  処 理 A ;
} else if ( A == 20 ) {
  処 理 B ;
} else if ( A == 30 ) {
  処 理 C ;
} else {
  処 理 D ;
}


フローチャート
フローチャート



   25 . 省 略 し た 記 述
トップページJavaScript → JavaScriptと条件分岐


後に続くステートメントが一行の場合は処理ブロック {} を省略することができます。
if ( A == 10 )
  A=A+100;
else
  A=A-100:
もちろん複数行になる場合は省略できません。
if ( A == 10 ) {
  A=A+100;
  B=A+B;
} else {
  A=A-100:
  A=A+B;
}



   26 . s w it c h 文
トップページJavaScript → JavaScriptと条件分岐


変数aが1だったら処理Aを。2だったら処理Bを・・・これが3回くらいならifで対応して良いと思いますが、 それが10回、100回にもなった場合は考え物です。そのような分岐を多岐分岐といいます。JavaScriptにはswitchと言う専用の命令が用意されています。
書式は以下の通りです。
switch ( A ) {

  case 値:
   処 理 ;
   break;

  case 値 2:
   処 理 2 ;
   break;

  case 値 3:
   処 理 3;
   break;

  default;
   処 理 4;
}

switch ( A )は引数に比較する変数や式を入力します。
caseはswitchの引数に指定してある変数が、値と同じであった場合caseに続く命令が実行されます。
breakはswitch文を抜けます。breakを忘れると、次のcase内の処理が実行されるので注意しましょう。
defaultはcaseの条件全てに当てはまらなかった場合実行されます。

では次に例として、Aの値が10であったら「あ」と表示。20であったら「い」と表示・・・。全てに当てはまらない場合は 「か」と表示するプログラムを書きます。document.write()は画面に引数を表示するということです。
switch ( A ) {

  case 10:
   document.write("あ");
   break;

  case 20:
   document.write("い");
   break;

  case 30:
   document.write("う");
   break;

  case 40:
   document.write("え");
   break;

  case 50:
   document.write("お");
   break;

  default:
   document.write("か");
}


ちなみに、もしbreakを忘れたら「あいうえおか」と表示されてしまいます。