半藤英明学長 過去のメッセージ



>>学長紹介及び最新のメッセージはこちらへ


平成29年4月3日公表メッセージ

~ 未来を描け ~

 熊本の人々が平成28年を、不幸な震災を抜きに語ることはないでしょう。しかし、誰もが失意のなか、地震の発生直後から学内外で被災者支援のボランティア活動をしてくれた学生たちが本学のみならず数多くいたことを誇りに思います。有志のグループによる現在も続く継続的な復興支援活動にも頭が下がります。支え合いの精神は人の心の原点です。 
 熊本県立大学は、昭和22年4月設立の県立女子専門学校に始まり、2年後の新制大学の発足とともに熊本女子大学となり、平成6年の共学化を経て、本年で創立70年です。その歴史にも支え合いがあります。校地は熊本城内から大江、月出と移転し、そのたびに教育体制も施設も充実がはかられ、現在の姿となりました。多くの方々の期待を受けながら、夢や希望を抱き、勉学や研究に励み、社会人としての土台を育んだ学生たちの築いた70年です。
 本学の歴史は健全で、誇らしいものであります。よくデザインされた白亜の清涼な学舎は自慢とするところですが、それにも増して今日までの教育と研究の歩みは、有為な人材を多く輩出してきたことを見ても、膨大な研究成果の蓄積に鑑みても、大切な財産です。その歩みを、いまを生きる大学関係者たちの誇りとし、これを継承し、発展させていくことで、学問を貴ぶ心豊かな社会の実現に向けて貢献したいと考えます。
 本学のスローガンは、平成18年の大学法人化を機に定めた「地域に生き、世界に伸びる」という理想です。ここ熊本に根差しつつ世界的な視野で思考することができる想像力は、近年の「地方創生」を実現する上でも重要な発想的基盤となります。人の視野は「灯台下暗し」であってはなりません。自らの立ち位置を自覚しないままで他人のことに及ぶのは滑稽なことです。人間の意識は自者の理解を踏まえて他者へと及ぶべきであり、それは今日のグローバルな異文化理解にも通じて不可欠なことであります。複眼的なまなざしは新たな価値観を見出すに必要な資質です。本学に集う者たちの理想として、この「地域に生き、世界に伸びる」を高く掲げ、予測不能で困難な時代を切り開いていきたく思います。柔軟性に富み、適応力に秀れた人々が作る多角的で多面的な社会は、私たち人類に希望ある未来をもたらすものであるでしょう。
 私たちの未来は自ら創り出さなくてはなりません。より良い未来を創る原動力が学問であります。私たちは学問に触れることで覚醒します。学びの本能は動機に基づきます。

  私たち人間はすべてのものから学べる。

  学生諸君には、協働の精神に満ちた向上心の高い人となるべく勉学に励み、明るい未来を築くための努力を惜しまぬ者たちであってほしいと願います。


平成28年4月1日公表メッセージ

~ ひたむきに、しなやかに ~

 熊本県立大学は、来たる平成29年度に創立70年となる伝統校であります。時代に適合するしなやかさを以って星霜を重ねるなか、数々の創造と秀れた人材の育成をはかり、世に貢献する教育研究機関として今日まで継続的な努力を続けております。今や歴史ある総合大学として、熊本県下のみならず九州や日本全国からも評価を得ており、本学で学ぶみなさんの未来は豊かに開かれていると確信するところです。
 もともと大学とは、学問の場であります。学生の立場でいえば、学問によって教導され、育まれる場が大学であり、その経験知を活かして長きにわたる人生を歩みゆく一助とするのです。大学は多くの可能性を秘めており、学び手の心持ち次第であらゆる価値を創出することができます。本学では人文、自然、社会の各学問領域を高い水準で学ぶことができ、幅広い視野を獲得することも適います。学生のみなさんには希望を胸に未来を信じ、懸命に学んでほしいと思います。息抜きは許されますが、手抜きをしてはなりません。入学を許されたみなさんだからこそ、学ぶことの有り難さを心に留め、学問に専心してください。
 すべての学問は、真理の追究を目的とします。如何なる学問にも真理の解明が動機にあります。真理とは正しい道理であり、嘘のない真実であります。人間には真理を求める本能的な欲求があり、そこで学問が生まれ、それは継続的に発展してきたのでした。学問は人類の幸福のために存在し続けると信じます。あなたも人類の一人として学問の力を敬い、蓄え、さらに、不易流行の喩えのとおり世の必然である時代の変化に適応する思想と能力をも、人生の糧として、しなやかな心で育て上げ、揺るぎない自分を作り上げてほしいと思います。


担当

事務局 企画調整室

基本情報

特色ある取組
理事長、学長紹介
大学の概要
大学の施設
広報
熊本県立大学未来基金
財務、入札情報
人事、給与
計画、点検・評価
総務、企画
法人の情報