>>アドミニストレーション研究科へ戻る


アドミニストレーション研究科のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

博士前期課程においては、学際的な協働により社会的諸課題を実践的に解決していく人材の養成、博士後期課程においては、社会的諸課題を学際的知識と高度な手法を用いて創造的に解決し、アドミニストレーションの理論の発展を担う人材の養成を行う。そのために,修了時に次のような能力等を身につけた学生に学位を授与する。


[博士前期課程]

<知識・理解> 社会的諸課題の実践的解決のためにアドミニストレーションに関わる諸学問の知識を身につけている。
<思考・判断> 研究課題を、学際的知識を踏まえて分析的に思考し、課題解決に向けて研究の道筋を具体的に考えていくことができる。
<関心・意欲> 研究課題を主体的に発見し、その社会的意義を理解した上で解決に向けた研究に意欲的に取り組んでいくことができる。
<態度> 高い社会倫理観を持ち、修得した高度な専門知識と手法を社会貢献に向けて活用していく態度を身につけている。
<技能・表現> 社会的諸課題解決のための調査・分析等の研究方法を身につけている。そして研究成果を理論的・系統的にまとめ適切な方法で示し、その意義を広い社会的視野の中に位置付けて表現することができる。


[博士後期課程]

<知識・理解> 社会的諸課題を多角的・多面的に捉え、その解決とアドミニストレーションの理論の発展に向けた高度な学際的専門知識と研究方法を修得している。
<思考・判断> 研究課題を、多角的・多面的に捉え深く分析していく思考力を身につけ、課題に向けて独創的な研究の道筋を見出していくことができる。
<関心・意欲> 研究課題を発見し、その解決に向けた研究を進めるとともに、アドミニストレーションに関わる新たな理論の創造に意欲的に取り組んでいくことができる。
<態度> 高い社会倫理観を持ち、身につけた高度な専門知識と手法を社会貢献に活用していくと共に、学術の発展に真摯に貢献していく態度を身につけている。
<技能・表現> 社会的諸課題を独創的方法で解決していくための高度な調査・分析手法を身につけている。そして研究成果を理論的かつ系統的にまとめ適切な方法で示し、その意義を広い社会的視野の中に位置付けて表現することができる。


>>アドミニストレーション研究科へ戻る






担当

事務局 教務入試課教務班