>>文学研究科へ戻る


文学研究科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 本研究科は、「学部教育で培った専門性をさらに広く深く究めることによって、叡智を磨き、真贋を分別する洞察力を養い、研究・教育の発展に寄与するとともに、国際化社会の中核となる人材の養成を目的とする」という理念に基づき、次の指針のもとに教育課程を編成し、実施する。


 <博士前期課程>

 博士前期課程では、学士課程の教育によって得られた成果を発展させて、広い視野に立つ深い学識を授け、専門分野における研究能力または高度な専門性を有する職業を担うために必要な能力を有する人材を育成する。

(日本語日本文学専攻(博士前期課程))
1 目標達成のため、以下のような観点で特殊講義・特別演習の科目を配置する。
(1) 日本語学分野においては、「文法研究の理論と方法」「現代日本語の諸相の観察と分析」「文献資料に見える日本語の観察と分析」「日本語の教授法」に関する知識と技術を修得するための科目。
(2) 日本文学分野においては、古代から近代までの時代バランスに配慮しつつ、資料批判、作品に応じた分析方法の知識と技術を修得するための科目。
(3) 「日中比較」等、横断・総合に配慮した科目。

2 以下の指導段階を基本としつつ、研究の進展に応じた口頭発表や論文公開の機会を設けることで、目標の高度な達成を図る。
 1年次においては、個々の研究課題に直結する科目とともに、関連分野・周辺分野の科目の履修を行い、広い視野の下に自らの研究課題を分析・解決する能力を身につける。
 2年次においては、個々の修士論文に直結する科目を中心に履修し、十分な調査と分析に基づく新見を綿密な論述力を以て表現する能力を身につける。

(英語英米文学専攻(博士前期課程))  
 本課程1年次生は、特殊講義・特別演習の履修や指導教員による研究指導のもと、専門分野の研究を深めていく。それとともに、他領域の授業もできるだけ履修し幅広い知識を身につける。授業や課題を通して論理的かつ分析的な発表の技術を身につけながら、将来的発展性のある研究テーマを自ら探究する基礎を築く。
 2年次生は、特殊講義・特別演習を履修するとともに、指導教員の研究指導を受け修士論文を作成し提出する。学会の水準に達する調査、研究の訓練を受けつつ、論理的かつ分析的な修士論文作成を行う。
 2年間を通じて、教員による研究指導や専攻主催の研究会などでの他の大学院生との交流の中で進路と研究に関するビジョンを形成する。

両専攻とも、学修成果の評価はシラバスに定める評価基準により行う。また、学位論文の評価は、「文学研究科学位論文審査基準」に基づき行う。


<博士後期課程>

 博士後期課程では、高度な専門教育で培われた卓越した学識と応用能力を有する学術研究者及び指導的な高度専門職業人を育成する。

(日本語日本文学専攻(博士後期課程))(英語英米文学専攻(博士後期課程))
 本課程の学生は、指導教員による特別研究を中心に、専攻領域に関わる資料・文献・言語現象を深く綿密に分析解読する能力を身につけ、博士論文作成に向けて研究を行う。専攻研究を通して独自性、新見性のある研究テーマを発掘し、そのテーマに基づき論理的分析的な学術的価値の高い研究ができるように段階を経て訓練を行う。学内・学外での口頭発表や論文刊行の機会を活かし、研究成果を発信するとともに、他の研究者との交流を通して研究内容の深化を図る。

両専攻とも、学修成果の評価はシラバスに定める評価基準により行う。また、学位論文の評価は、「文学研究科学位論文審査基準」に基づき行う。


>>文学研究科へ戻る



担当

事務局 教務入試課教務班