>>環境共生学研究科へ戻る


環境共生学研究科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

<博士前期課程>

1. 人間活動を支える場としての豊かな自然を保全しつつ、その持続的な利用を目指す環境共生に関わる諸問題を総合的に学修するとともに科学的に研究し、その成果をまとめ、プレゼンテーションおよび論文として公表できる能力を養成するため、以下のようなカリキュラムを編成する。

(1) 英語科学論文を理解し、英語論文作成能力を養うため、「環境共生学演習I」および「環境共生学演習II」を配置する。
(2) 環境共生学に関する理解を深めるため、文献検索や情報収集等を行い、それをプレゼンテーションできる能力を養うための科目として「環境共生学演習III」および「環境共生学演習IV」を配置する。

2 教育方法
 学部での各学科を母体として、それぞれの専門分野の発展と融合を図りつつ環境共生に関わる高度な教育研究を行う。

3 学修成果の評価
・個々の授業における学修成果の評価は、シラバスに定める成績評価基準により担当教員が行う。
・修士論文の審査は、学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく修士論文評価基準により行う。


<博士後期課程>

1 教育課程の編成
 博士前期課程の各専門分野をさらに発展させ、それぞれの立場から深く研究を行い「環境共生学」を確立すべく、選択必修科目として「生態系環境共生特別演習」、「居住系環境共生特別演習」および「食健康系環境共生特別演習」を配置する。

2 教育方法
 学部での各学科を母体として、それぞれの専門分野の発展と融合を図りつつ環境共生に関わる高度な教育研究を行う。

3 学修成果の評価
・個々の授業における学修成果の評価は、シラバスに定める成績評価基準により担当教員が行う。
・博士学位論文の審査は、学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく審査基準により行う。


>>環境共生学研究科へ戻る



担当

事務局 教務入試課教務班