環境共生学研究科のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

<博士前期課程>

 1 学生が身に付ける資質・能力の目標
 人間活動を支える場としての豊かな自然を保全しつつ、その持続的な利用をめざす環境共生に関わる諸問題を総合的に理解することができる能力を有する。

2 学位の授与
 所定の単位を修得し、環境共生に関わるテーマを科学的に研究し、その成果をまとめ、プレゼンテーションおよび論文として公表できる能力を有する者に修士の学位を授与する。


<博士後期課程>

1 学生が身に付ける資質・能力の目標
 環境共生に関する専門的、学術的な知識を修得し、環境共生に関わる諸問題に深い造詣を有する。

2 学位の授与
 所定の単位を修得し、自然環境と人間活動の共生の方策を追究し、地域の発展と人間福祉の向上をめざす本研究科の理念に沿ったテーマについて研究し、その成果を論文として体系的にまとめ、社会に発信する能力を有する者に博士の学位を授与する。


>>環境共生学研究科へ戻る




担当

事務局 教務入試課教務班