本学独自の教育プログラム

プレゼミナール

大学で学ぶことの楽しさと厳しさに触れる

 大学で何をいかに学ぶか。大学では、与えられた課題をこなしていくだけの受動的な学習ではなく、主体的に学習すること、自分で課題を設定し、自ら調べ、結論を導き出すことが必要です。そのためのスキルを入学後直ちに習得することを目的に、プレゼミナールを開講し、必修科目としています。プレゼミナールで学ぶ、資料や文献の集め方、図書館やLLC(Language Learning Commons)の利用方法、レポートやレジュメの書き方、プレゼンテーションの方法、ディベートの実践等は、大学4年間だけではなく社会に出てからも役立つものです。


協力講座

社会の第一線で活躍する人から学ぶ

 「協力講座」とは、大学と協定を締結した企業の第一線で活躍する人たちから学べるオンリーワンの授業です。各授業のテーマについて学ぶだけでなく、社会で求められている知識や技能とは何か、また、大学で学ぶ理論、知識が実際の社会の中でどのように役立てられるかなどを、企業の持つ実践的知識をもとに「理論」と「実践」を学びます。

 協力講座パンフレット(PDF)


<協定企業と開講科目>
協定企業  開講科目  
 全学共通教育 専門教育 
肥後銀行
地方経済総合研究所
「現代社会と企業」  「地域流通経済論」
(総合管理学部)
熊本日日新聞社 「マスメディア論」  -
九州電力熊本支社 「エネルギーと社会」  -
NTT西日本熊本支店 「情報と社会」  -


新熊本学

「熊本」を学ぶ、「地域」に学ぶ

 熊本で学ぶことの意義、それはここ熊本でしか学べないことを学ぶこと。熊本県立大学では、このような「熊本」にこだわった授業を共通科目の中で展開しています。それが、「新熊本学」。「熊本」という地域に、様々な角度からアプローチしていきます。

<「新熊本学」(全学共通教育)>
「新熊本学:ことば、表現、歴史」、「新熊本学:熊本の生活と環境」、「新熊本学:地域のビジネスリーダーに学ぶ」、「新熊本学:地域社会と協働」


Intensive English

英語漬けで英語運用能力を高める

 前半はキャンパス内、後半は合宿形式で、講義、行事、講演のみならず、10日間は英語のみの生活となります。学部横断的な内容となっており、ゲームなど楽しみながら英語を使うプログラムも充実しています。また、留学生と寝食を共にすることとで、英語漬けでの生活を徹底するとともに、留学生との交流を深め、相互の異文化理解も図ることができます。


「もやいすと」育成プログラム

”地域づくりのキーパーソン”を育成するプログラム

 「もやいすと」育成プログラムは、ジュニア、シニア、スーパーの3段階で実施しています。
 「もやいすとジュニア」育成プログラムは、初年次生全員が履修します。「地域」と「防災」の2テーマの科目を選択必修とし、新熊本学や協力講座の履修と併せて地域への気づきを促し、確かな理解へと繫げます。「もやいすとシニア」育成プログラムでは、地域課題解決に向けた汎用スキルの養成を行い、フィールドワークを通して確かな実践力へと繫げ「もやいすとスーパー」へと接続します。「もやいすとスーパー」育成プログラムでは、具体的な地域課題の解決を行います。シニア段階までで培われた知識とスキル、そして専門分野の能力を踏まえ、卒業研究や学生GP制度などによって地域課題の解決を行うことで社会人として必要な実践的能力を磨きます。

詳細はこちらへ


フィールドワーク

現場に学び、実践力を得る

 より具体的で深い問題意識や学習意欲を高めるため、現場での学習体験を重視しています。それがフィールドワークです。熊本県立大学では、このフィールドワークの手法をカリキュラムの中に積極的に取り入れています。
【例】
 <文学部> 徳富蘆花縁の地探訪
 <環境共生学部>干潟の環境と生物群集
 <総合管理学部>ハンセン病の歴史と人権について考える。


学生GP制度

卒業研究を企業や社会に連動させたプログラム

 学生GP(グッドプラクティス)制度とは、地域企業・地域社会から研究テーマを募集し、それを学生が地域連携型卒業研究として取り組むものです。
 学生は、地域が抱える問題に卒業研究として取り組むことで、社会人としての演習の場になり、実社会における知識活用のあり方、コミュニケーション力、問題分析・解決力などを会得していきます。
 この取組を本学が1年から4年次まで取り組んでいるキャリアデザイン教育の最終段階として位置づけ、学生の自律と自立に向けた就業力の育成を行います

詳細はこちらへ


教育支援

キャリアフォリオ

卒業後の自分を描く

 卒業後の自分を描き、その実現のために大学でどのような知識、経験を積むべきかなど主体的に自らのキャリアを構築していくための方法を「プレゼミナール」や「キャリア形成論」の中で学びます。また、学生一人ひとりが、大学での学修内容や様々な活動を記録する「キャリアフォリオ(ポートフォリオ)※」を作り、自分の将来のキャリアをデザインする際のツールとして活用します。さらに、就職活動等の際の自己PRのツールとしても活用できます。

詳細はこちらへ


GPA制度

ポイント制による成績評価

 成績は、授業科目ごとに、秀、優、良、可、不可の5段階で評価されますが、これに加えて、別の成績評価システム「GPA(Grade Point Average)制度」を導入しています。GPA制度は、授業科目ごとの成績評価(試験の得点:100点満点)に対し、一定の計算式に基づきポイントを付与し、1単位当たりの平均を算出し、5点満点で評価するものです。
 GPAのポイントが高いと、成績優秀者として表彰され、逆にポイントが低い成績不振者には、担当教員が個人指導を行います。


オフィスアワー

Face to Faceできめ細やかな指導

 学習や将来の進路など学生の様々な相談に対応するため、教員があらかじめ指定する時間に、学生が研究室を訪問し、相談ができるオフィスアワー制度を導入しています。
 もちろんオフィスアワー以外の時間でも、教員が在室しているときは、自由に研究室を訪問できます。また、電子メールで相談することもできます。

詳細はこちらへ


学術情報メディアセンター

 図書館、語学教育部門、情報教育部門を融合した学術情報メディアセンターがあなたのアカデミックな活動をサポートします。

詳細はこちらへ


キャリアセンター

 学生に対する就職支援等のキャリアサポートの推進を図り、学生生活の充実と将来のキャリアをデザインする能力を育成します。

詳細はこちらへ






担当

事務局 教務入試課教務班