>>文学部へ戻る


全学学士課程のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 熊本県立大学が求める学生
 熊本県立大学は、「地域に生き、世界に伸びる」をスローガンに、豊かな教養を備え、21世紀の地域社会ひいては国際社会の発展に貢献できる、有為で創造性豊かな人材の育成に全力を注いでいます。
 熊本県立大学は、文、環境共生、総合管理の3学部3研究科からなり、人文科学系、自然科学系、社会科学系の3つが有機的に結合した先進的な「集約型大学」です。また、「地域実学主義」を教育理念とし、「理論を現場に学ぶ」体験的、実践的学修方法であるフィールドワークや、地域課題解決と教育を結びつけた「もやいすと」育成プログラムなど、現場に学び実践力を育むための教育を展開する特色ある大学です。
 この大学に学び、地域に根ざし世界に向かって羽ばたこうとする知的探究心旺盛な学生を求めています。

2 入学者選抜の実施方法
 熊本県立大学は、1に掲げる本学が求める学生を適正に選抜するため、学部・学科の特性に応じて、各種の選抜方法を実施します。


文学部のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 文学部が求める学生
 わたしたち人間が作り上げてきた様々な文化を探究し、これから作り上げるべき文化のあり方を考えていく、それが文学部の使命です。古今東西の様々な文献を読むことで、それぞれの時代の人々の考え方を理解し、ことばによるコミュニケーションを通して人や社会との着実な関係を作り上げることに取り組んでいきます。
 日本語とはどのような言語なのだろうか、日本語を歴史的にあるいは客観的に学ぶとはどういうことなのだろうか、英語を正しく理解し表現する力を身に付けるにはどうすればよいのだろうか、日本の文学や英語圏の文学を深く理解したい、そして、より広い世界の文学、言語、歴史、思想を学んでみたい、このような問題意識や希望を持つ人に本学部は応えていきます。ことばと人間に関心を持ち、意欲をもって探究のできる人、そんな人を文学部は求めています。

2 入学者選抜の方法
 入学者の選抜に際しては、一般入試及び特別選抜を通じて、知識、思考力、表現力、意欲等、多角的な観点から、1に掲げた本学部での学修において求められる資質や能力について、総合的に測るものとします。


日本語日本文学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 日本語日本文学科が求める学生
 日本語日本文学科は、日本文学・日本語学・日本語教育学の三つの領域を中心としながら、日本の言語文化や歴史を深く学び、その成果を豊かな社会の形成に役立てようとする学科です。
 日本の古代から近代に至る各時代の言語や文学作品を分析する研究だけでなく、地域の歴史・文化をフィールドワークによって再考したり、日本語を外国人に教えるための具体的な技術を学んだり、諸外国との比較を通して日本の歴史・文化を見つめ直す研究なども行われます。
 このような観点から、本学科では、次のような知識・意欲のある人を求めます。

(1) ことばや文学作品が持っている、人間を動かす力のみなもとを探求しようとする人(「現代文」「古典」を履修していることが望ましい)
(2) 日本語や日本文学が、時代とともにどのように移りかわってきたかを学ぼうとする人(「日本史」を履修していることが望ましい。また、日本文学史について一定の知識を持っていることが望ましい)
(3) 日本語や日本文学についての知識や技術を、社会・地域の中で積極的に活かしていこうと志す人(現代社会の動向・要請について常に関心を持っていて欲しい)
(4) 特に、中学校・高等学校の国語教員、もしくは外国人に日本語を教える日本語教師を目指す人

2 入学者選抜の方法
 入学者の選抜に際しては、一般入試及び特別選抜を通じて、知識、思考力、表現力、意欲等、多角的な観点から、基礎的な能力と、1に掲げた本学科への適性について、総合的に測るものとします。

英語英米文学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 英語英米文学科が求める学生
 英語英米文学科は、英語を通して人間と文化を研究する学科です。読む・聞く・話す・書くという英語の基本的技能に習熟し、高度な英語コミュニケーション能力を身につけることを目標にしています。そのために入学時より少人数での現代英語運用科目を充実させています。上級学年では、英語学、英文学、米文学、英語教育、日本語教育、人文学の分野に分かれ、学生一人ひとりの研究テーマを少人数の研究室でさらに深く探究します。英文学、米文学においては、作品や作家、文学理論にとどまらず、背景となる文化、歴史、社会思想についても考察します。英語学では、英語の構造や意味を論理的かつ体系的に分析します。英語教育では、英語を教えるための方法論などを学ぶことができます。日本語教育においては外国人に日本語を教えるための日本語教授法を学べ、人文学では、英語圏をはじめ東西の言語文化の研究を通して人間文化を学ぶことができます。 
 このような観点から、本学科は次のような意欲のある人を求めます。
(1) 世界に広く目を向け、国際的に交流し活動していきたい人
(2) 言語、文学、文化に関心を持ち、英語学・英米文学・英語圏やその他の言語文化について理解を深め、研究したいと考えている人
(3) 英語教員を志望する人

 入学を希望する人は、基礎的な英語の学力だけではなく広く全般的な知識を身につけ、世界の歴史や地理に関して十分な学力を有していることが望まれます。

2 入学者選抜の方法
 入学者の選抜に際しては、一般入試及び特別選抜を通じて、知識、思考力、表現力、意欲等、多角的な観点から、1に掲げた本学科への適性について、総合的に測るものとします。



>>文学部へ戻る



担当

事務局 教務入試課入試班