>>環境共生学部へ戻る


全学(学士課程)のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1 教育課程の編成
 全学共通の「共通教育」と各学部・学科の「専門教育」から編成する。
 「共通教育」は、学部4年間の教育課程(学士課程)において総合的に学ぶことで広い視野から認識・思考する能力を身につけ、「専門教育」で修得する学問を充実したものとする教育を行う。また、大学ユニバーサル化時代における「市民性」の涵養をも視野に入れる。以上を理念とし、次のような方針で編成する。
・共通科目群を「基盤科目」と「教養科目」に分ける。
・基盤科目では、大学で学ぶための、また社会で行動していくための基礎能力を育成する教育を展開する。
 特に初年次に、必修科目として、大学で学ぶ姿勢と方法を理解するとともに、自己のキャリアを継続的にデザインしていく能力を育成する科目を配置し、大学4年間での主体的・計画的な学修を促す。
・教養科目では、専門分野の枠を超えて共通に求められる知識等を幅広く学び、様々な角度から物事を見ることができる能力を培うことで豊かな人間性を養う、いわゆる「教養教育」を展開する。
 「専門教育」は、各学部・学科の特性に応じ、講義、演習、実習、実験等の専門科目を順次性を考慮して、体系的に配置する。

2 教育方法
・教育目標の達成に向け、各科目において、適切な形態を採って授業を展開するとともに、能動的学修を適切に組み込んで行う。
・学生の学修時間等の実態把握や授業計画の明確化、必要な授業時間の確保により、単位制度の実質化を図る。

3 学修成果の評価
 学位授与方針(ディプロマポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、授業、学科、学部、大学のそれぞれにおいて把握し、それに基づいて、授業、学科、学部、大学の各教育課程における学修成果を評価する。
・ 授業の単位認定は、「シラバス」に定める成績評価基準により担当教員が行う。
・ 授業の学修成果は、「シラバス」に定める成績評価基準と学生自身の自己評価に基づいて評価する。
・ 学科、学部としての学修成果は、個々の授業における学修成果の集計と学生の学修状況に基づき、学科、学部独自の評価方法を加味し、総合的に評価する。
・ 大学としての学修成果は、授業、学科、学部としての学修成果に基づき、総合的に評価する。
・ 専門教育の到達は、各学科の学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく評価表等を用いた卒業論文評価により確認する。


環境共生学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1 教育課程の編成
・自然と人間が共生していく際の諸問題を総合的に捉え、その方策を追求し、地域の発展と人間福祉の向上を目指すことを理念とし、環境資源学科、居住環境学科および食健康科学科の3学科を設ける。
・ 全学共通教育に加え専門科目として、学部共通教育および各学科の専門領域の教育を通して、環境共生型社会の創造に貢献する人材の育成を目指し、環境共生にかかわる諸問題と環境共生の理念を理解するため、フィールドワークを含む「導入科目」、自然科学の知識と理解力を養成する「基礎科目」ならびに各学科の専門的な能力を養成する「展開科目」を講義、演習、実習、実験等の順次性に配慮し、体系的に配置する。

2 教育方法
・教育目標の達成に向け、各科目において、適切な形態を採って授業を展開する。また、能動的学修を適切に組み込んで行う。
・授業時間外の学修時間を確保し、単位の実質化を図る。
・本学の理念の一つである「地域性の重視」の教育面での取組として、環境共生の立場から地域を素材とした教育を行う。

3 学修成果の評価
 学位授与方針(ディプロマポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、学部において把握し、それに基づいて、学部の教育課程における学修成果を評価する。

・ 授業の単位認定は、「シラバス」に定める成績評価基準により担当教員が行う。
・ 授業の学修成果は、「シラバス」に定める成績評価基準と学生自身の自己評価に基づいて評価する。
 学部としての学修成果は、個々の授業における学修成果の集計と学生の学修状況に基づき、学部独自の評価方法を加味し、総合的に評価する。
 専門教育の到達は、各学科の学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく評価表等を用いた卒業論文評価により確認する。


環境資源学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1 教育課程の編成
・環境共生に関わる諸問題を科学的に解明し対処するための基礎的な自然科学の知識と理解力を養成する。併せて、環境の成り立ちや生態系の仕組みを理解し、人間活動が環境資源に及ぼす影響を調査、解析、評価する能力を養成するために「学科専門科目」を置き、環境資源の保全と適正利用による、持続可能な生物資源の生産技術ならびに社会発展のための方策について教育する。
・「基礎科目」では、基礎的な自然科学の知識と理解力を幅広く養成するために、理科全般(物理学・化学・生物学・地学)、数学、統計学および情報処理に関する科目を設置する。
・「展開科目」では、生態、生物資源、物質環境、環境計画の4分野に関する調査・分析能力を養成するために、各分野の講義科目および実験・演習科目に加えて、環境評価をフィールドにおいて実践的に体験する4 つの環境アセスメント実習(沿岸域環境アセスメント実習、森林環境アセスメント実習、水産環境アセスメント実習、植物生産環境アセスメント実習)を設置する。
・生態関係科目では、海洋および森林の生態系の構造と機能、保全と利用のための方策を学ぶ科目を、生物資源関係科目では、海洋および陸上で生産される生物資源の特性と機能、栽培・増殖法、生産環境、生産物の利用法を学ぶ科目を、物質環境関係科目では、環境における物質循環に関する化学的、物理的な知識と環境への影響評価手法を学ぶ科目を、環境計画関係科目では、環境資源の保全と恒久的利用、持続可能な社会発展に必要な計画論、法規、政策、制度について学ぶ科目を、それぞれ設置する。
・国境を越え、広域化、国際化する環境にかかわる諸問題に対応する能力を養成するために、教養科目の英語科目に加えて、展開科目に英語科目(Science English)を設置する。

2 教育方法
・教育目標の達成に向け、各科目において、適切な形態を採って授業を展開する。また、能動的学修を適切に組み込んで行う。
・授業時間外の学修時間を確保し、単位の実質化を図る。
・本学の理念の一つである「地域性の重視」の教育面での取組として、環境共生学および資源循環科学の立場から地域を素材とした教育を行う。

3 学修成果の評価
 学位授与方針(ディプロマポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、学科において把握し、それに基づいて、学科の各教育課程における学修成果を評価する。

・ 授業の単位認定は、「シラバス」に定める成績評価基準により担当教員が行う。
・ 授業の学修成果は、「シラバス」に定める成績評価基準と学生自身の自己評価に基づいて評価する。
 学科としての学修成果は、個々の授業における学修成果の集計と学生の学修状況に基づき、学科、独自の評価方法を加味し、総合的に評価する。
 専門教育の到達は、学科の学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく評価表等を用いた卒業論文評価により確認する。


居住環境学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1 教育課程の編成
本学科の「環境共生」の理念のもと、環境への負荷軽減、人間の健康・福祉等を重視し、住居から建築・都市・地域に至る居住環境の全体を見据え、実体験に基づいた科学的認識能力と、居住環境をまもり育てる専門的な技術を持った人材を育成する。そこで、以下のようなカリキュラムを編成する。

(1) 本学科は居住空間計画、都市・地域計画、環境調整・設備、構造・材料の4分野から構成され、各分野において基礎から応用まで段階的に修得できるように科目を設置する。基礎的な科目はすべて必修科目に指定し、初年度から基礎的な演習を取り入れて主体的な学修を促す。また、実習・演習の科目を多く設け、講義で得た知識を実験実習で体感し、自ら主体的に取り組み、より深く認識できる構成とする。
(2) 居住空間計画および都市・地域計画分野では、地域の課題を浮き彫りにする内容とともに、国際的な視野で課題を考えることができる力を養うべく、多くの外国事例などをとりあげて幅広く講義する科目群を設置する。
(3) 環境調整・設備および構造・材料分野では、自然環境との共生と環境負荷の軽減を目指すとともに、人と地球にやさしい建材である木質材料を重視した関連科目群を設置する。
(4) 卒業時に、二級建築士の受験資格が得られるカリキュラム構成とする。また、所定の単位を修得し、2 年間の実務経験を経れば、一級建築士の受験資格が得られる。更に様々な進路も選択できるようなカリキュラム構成とする。

2 教育方法
・教育目標の達成に向け、各科目において、適切な形態を採って授業を展開するとともに、能動的学修を適切に組み込んで行う。
・学生の学修時間等の実態把握や授業計画の明確化、必要な授業時間の確保により、単位制度の実質化を図る。

3 学修成果の評価
 学位授与方針(ディプロマポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、学科において把握し、それに基づいて、学科の各教育課程における学修成果を評価する。

・ 授業の単位認定は、「シラバス」に定める成績評価基準により担当教員が行う。
・ 授業の学修成果は、「シラバス」に定める成績評価基準と学生自身の自己評価に基づいて評価する。
 学科としての学修成果は、個々の授業における学修成果の集計と学生の学修状況に基づき、学科独自の評価方法を加味し、総合的に評価する。
 専門教育の到達は、学科の学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく評価表等を用いた卒業論文評価により確認する。


食健康科学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1 教育課程の編成
・自然科学に関する基礎的知識を基にして、専門分野における知識と技術の修得が可能となる科目を、段階的に、総合的に学修できるように配置する。特に、大学教育で得られた知識をもとに自ら考え、発展させる能力や、レポート作成、プレゼンテーション能力などを養うことを目指し、実験・実習・演習科目を重点的に配置する。
・食・健康・環境に関わる様々な問題を国際的な視野をもち、地域の立場から、自ら発見し解決する思考力・判断能力を修得するための科目を配置する。
・自然環境や地域の環境特性を反映した地域住民の健康づくり、疾病の予防・治療、食品開発などに寄与できる技術や態度を修得できるように、食品の機能、人体の構造と機能、栄養素の体内での変化、食生活と生活習慣病予防、疾病と栄養、バイオテクノロジーと食品開発、食品の安全性と健康、身体活動と健康管理、食糧生産などに関連する科目を配置する。
・所定の単位を修得すると、以下の免許や受験資格が得られるように科目を配置する。
(1) 管理栄養士免許受験資格
(2) 栄養士免許
(3) 食品衛生監視員・管理者(任用資格)
(4) 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭科・理科)
(5) 栄養教諭一種免許状

2 教育方法
・教育目標の達成に向け、各科目において、適切な形態を採って授業を展開する。また、能動的学修を適切に組み込んで行う。
・授業時間外の学修時間を確保し、単位の実質化を図る。
・本学の理念の一つである「地域性の重視」の教育面での取組として、環境共生及び食健康科学の立場から地域を素材とした教育を行う。

3 学修成果の評価
 学位授与方針(ディプロマポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、学科において把握し、それに基づいて、学科の各教育課程における学修成果を評価する。

・ 授業の単位認定は、「シラバス」に定める成績評価基準により担当教員が行う。
・ 授業の学修成果は、「シラバス」に定める成績評価基準と学生自身の自己評価に基づいて評価する。
 学科としての学修成果は、個々の授業における学修成果の集計と学生の学修状況に基づき、学科独自の評価方法を加味し、総合的に評価する。
 専門教育の到達は、学科の学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づく評価表等を用いた卒業論文評価により確認する。



>>環境共生学部へ戻る



担当

事務局 教務入試課教務班