>>総合管理学部へ戻る


全学学士課程のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1 熊本県立大学が求める学生
 熊本県立大学は、「地域に生き、世界に伸びる」をスローガンに、豊かな教養を備え、21世紀の地域社会ひいては国際社会の発展に貢献できる、有為で創造性豊かな人材の育成に全力を注いでいます。
 熊本県立大学は、文、環境共生、総合管理の3学部3研究科からなり、人文科学系、自然科学系、社会科学系の3つが有機的に結合した先進的な「集約型大学」です。また、「地域実学主義」を教育理念とし、「理論を現場に学ぶ」体験的、実践的学修方法であるフィールドワークや、地域課題解決と教育を結びつけた「もやいすと」育成プログラムなど、現場に学び実践力を育むための教育を展開する特色ある大学です。
 この大学に学び、地域に根ざし世界に向かって羽ばたこうとする知的探究心旺盛な学生を求めています。

2 入学者選抜の実施方法
 熊本県立大学は、1に掲げる本学が求める学生を適正に選抜するため、学部・学科の特性に応じて、各種の選抜方法を実施します。


総合管理学部のアドミッションポリシー(入学者受入方針)

 総合管理学部は、社会的諸課題を正しく捉え、それを実践的に解決していくことを学ぶ社会科学系の学部です。社会的諸課題を解決していく実践的な人材養成に向けて、学部の入学者受け入れ方針を次のように定めます。

1 学部が求める学生
(1) 社会の諸課題に興味を持ち、それを解決していこうとする意欲と態度を備えている人。
(2) 課題解決のために、他者と協調的に活動していける人。
(3) 課題を正しく把握するために、多様な視点で柔軟に考えていける人。
(4) 多様な知識とスキルから成る総合管理を学ぶために、高校までの幅広い基礎学力を持っている人。

2 入学者選抜の実施方法
 1に掲げる学部が求める学生を適正に選抜するため、「一般入試」、「自己推薦型入試」、「特別選抜入試」において多角的な評価視点を取り入れた選抜方法を実施します。



>>総合管理学部へ戻る



担当

事務局 教務入試課入試班