>>総合管理学部へ戻る

全学(学士課程)のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1 学生が身につける資質・能力の目標
<知識・理解>
 幅広い知識・教養に基づき学問の意義を理解し、自己を認識して、将来を構想できる。
<思考・判断>
 多角的視点を備え、自ら課題を抽出し、論理的、分析的に思考して、総合判断ができる。
<関心・意欲>
 地域社会及び国際社会に興味・関心を有し、異質性を認めることができる。
<態度>
 積極性、自律性及び行動力を身につけ、社会状況の変化に柔軟に対応でき、社会において協調し協働できる。
<技能・表現>
 他者と理解しあい、共生していく上に必要なコミュニケーション能力がある。

2 学位の授与(学士課程)
 4年以上在学し、学部の理念及び教育研究上の目的に沿って設定した授業科目を履修して、学部において定める所定の単位数を修得した学生に学位を授与する。


総合管理学部のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)


 総合管理学部は、社会的諸課題を創造的に解決していく人材養成を行う学部である。卒業時に学生が身につけておくべき資質・能力を次のように定める。
1 学生が身につける資質・能力の目標
<知識・理解>
 社会的諸課題の解決のために、市民としての教養的知識を身につけ、総合管理の専門知識を修得している。
<思考・判断>
 総合管理の知識を用いて社会的諸課題を論じ、解決策について考えることができる。
<関心・意欲>
 地域社会や国際社会に関心を持って意欲的に学修し、それらが抱える社会的諸課題を解決することができる。
<態度>
 他者と協働して課題解決に挑むと共に、総合管理の知識を活用して社会に貢献していくことができる。
<技能・表現>
 社会的諸課題の発見・調査・分析の技法を有し、多様な他者との協調のために適切な表現力、情報処理能力、コミュニケーション能力、そしてリーダーシップ力を身につけている。

2 学位の授与
 4年以上在学し、学部の理念および教育研究上の目的に沿って設定した授業科目を履修して、学部において定める所定の単位を修得した学生に学位を授与する。



平成28年度までの内容(平成28年度以前入学生対象)はこちら



>>総合管理学部へ戻る



    担当

    事務局 教務入試課教務班