1.単位互換制度とは

 熊本県立大学総合管理学部では、熊本大学法学部、熊本学園大学商学部・経済学部と協定等を結び、平成7年度から3大学4学部で単位互換を実施しています。
 他大学で開講される「興味のある授業」や、「将来の進路に役立つ授業」を、卒業に必要とする総単位数の中で、無駄なく履修することができる制度です。


2.単位互換制度の履修手続

(1)必要書類の配布(3月)
 希望する学生は、熊本県立大学教務入試課で必要書類を受け取ってください。

(2)特別聴講学生願書の提出(3月)
 希望する学生は、指定する日までに熊本県立大学教務入試課に願書を提出してください。

(3)選考
 熊本県立大学及び受入大学(熊本大学、熊本学園大学)において選考が行われます。履修上、特に支障がなければ許可されます。

(4)特別聴講学生の受入通知(4月)
 熊本県立大学教務入試課を通じて、選考結果を通知します。

(5)オリエンテ-ション(4月)
 許可された学生に対して、受入大学からオリエンテーションが実施されます。(オリエンテーションを実施しない大学もありますので、その場合は教務入試課の指示に従ってください。)

(6)科目の登録
 学生は受入大学の窓口(教務入試課から指示しますので、指示に従ってください。)において、科目の登録を行ってください。

(7)授業の履修
 履修の規則、試験、施設の利用等については、受入大学の規則に従うこととなりますので、便覧等を熟読するとともに、不明な点は必ず受入大学の窓口で尋ねる等して規則を熟知しておいてください。(規則を知らなかったことによる不利益は、学生本人の責任となりますので注意してください。)

(8)試験
 受入大学の規則に従い、試験が実施されます。(試験の実施方法、規則は大学によって異なります。必ず受入大学の規則を熟読し、理解しておいてください。)

(9)成績の通知
 熊本県立大学教務入試課を通じて、本人あてに成績が通知されます。(成績の通知は通常の授業の成績と同様に「修得単位通知書」で行います。もしも、単位互換による成績がでていない場合は教務入試課まで確認に来てください。)

(10)成績の登録
 成績は熊本県立大学において登録し、成績証明書中に記載されます。


3.履修期間

 聴講(履修)する授業科目の開設年度または開設学期となります。  開設年度または開設学期で単位を修得できなかった場合の再履修は認められませんので、ご注意ください。追試験・再試験についても受入大学の規則により決定されますので、認められない場合があります。


4.試験実施方法・成績評価

 受入大学の規則、受入大学各学部の規則に定めるところにより実施されます。必ずオリエンテーションや説明等を受ける際に、不明な点は確認しておいてください。


5.授業料

 3大学間相互不徴収の取り扱いにより、授業料は不要となります。


6.履修科目及び単位数

(1)履修できる科目
 履修できる授業科目は、派遣学部と受入学部で毎年度協議のうえ決定し、学内に掲示します。

(2)履修できる単位数
 特別聴講学生が履修できる単位数は60単位を超えない範囲内で、卒業の要件となる単位として認められます。


7.その他

 各学部で受け入れる学生の総単位数は、通算して60単位を超えない範囲となっています。


問い合わせ先

 問い合わせをする場合は、まず熊本県立大学事務局教務入試課(熊本県立大学学生の場合)にお問い合わせください。
 基本的には教務入試課窓口での対応とします。(電話でのお問い合わせには対応できません)
 教務入試課の業務時間は土、日、祝・休日を除く日の8:30~17:15です。 (昼休みは12:20~13:20)

■熊本県立大学 事務局 教務入試課
〒862-8502 熊本市月出3丁目1番100号 
TEL 096-383-2929(代表)

■熊本大学法学部
〒860-8555 熊本市黒髪2-40-1 
TEL 096-344-2111(代表)

■熊本学園大学
〒860-8680 熊本市大江2-5-1 
TEL 096-364-5161(代表)



担当

事務局 教務入試課教務班