祥明大學校(大韓民国)及びモンタナ州立大学ビリングス校(アメリカ合衆国)との交流事業

祥明大學校(大韓民国) との交流事業

1年間の留学生の相互派遣(交換留学)

 平成9年2月、大韓民国の祥明大學校との間で、単位互換及び授業料相互不徴収を内容とする学生交流に関する実施協定を締結しました。1年間の留学生の相互派遣を行っています。

募集時期  毎年5月頃
※ 6月 : 留学説明会、 9月 : 推薦手続、12月入学許可 
派遣時期  募集の翌年3月(後期試験後)から約1年間  
派遣人数  2名 
資格  学業、人物ともに優れ、本学の代表としてふさわしいこと。  
その他  本学に在籍したままの留学のため、科目により単位認定可能。
本学への授業料納付は必要。留学先の授業料は全額免除。  


短期研修団(派遣)

 平成12年度から祥明大學校に短期研修団を1週間程度派遣しています。研修団は百済文化訪問やホームステイを通し、祥明大學校の学生と交流を深めます。


短期研修団(受入)

 毎年6月下旬~7月上旬にかけて、祥明大學校から本学へ短期研修団を1週間程度受け入れ、日本語の授業や本学学生との交流を行っています。


日本語教育課程の教育実習

 本学の日本語日本文学科では、日本語教師を目指す学生のために毎年10月頃に1週間程度派遣し、教育実習を行っています。日本語教育を通じて国際交流に貢献しています。卒業後、国内外での日本語教師としての活躍が期待されています。


祥明大學校との交流状況(過去5年間) (単位:人)

年度 2011 2012 2013 2014 2015
派遣 交換留学生 0 0 0 1 3
短期研修団 13 11 17 7 6
日本語教育課程 6 5 5 8 9
受入 交換留学生 3 3 3 3 3
短期研修団 10 11 8 7 7



モンタナ州立大学ビリングス校(アメリカ合衆国)との交流事業

約9ヶ月間の留学生の派遣(交換留学生)

 平成10年5月、アメリカ合衆国のモンタナ州立大学ビリングス校との間で、単位互換及び授業料相互不徴収を内容とする学生交流に関する実施協定を締結しました。本学に在籍したまま約9ヶ月間の留学をすることができます。TOEFLのスコア515点以上が必要です。

募集時期 毎年10月頃
※ 翌年1月 : 留学選考会、 3月 : 推薦手続、 4月 : 入学許可
派遣時期 募集の翌年9月から約9ヶ月間
派遣人数 2名
資格 学業、人物ともに優れ、本学の代表としてふさわしいこと。
原則としてTOEFLのスコアが515点以上であること。
その他 本学に在籍したままの留学のため、科目により単位認定可能。
本学への授業料納付は必要。留学先の授業料は全額免除。


夏期研修(ESL)団の派遣

 国際的感覚を身につけ、異文化理解を深めることを目的として、モンタナ州立大学ビリングス校に3週間程度本学学生を派遣しています。
 現地では、ホームステイをしながら、英語の授業、アメリカ文化に関するセミナー、イエローストーン国立公園への小旅行等に参加します。


短期研修団(受入)※隔年(西暦奇数年)実施

 5月下旬~6月上旬にかけて、モンタナ州立大学ビリングス校から本学へ短期研修団を10日間程度受け入れ、日本語の授業や本学学生との交流を行っています。

モンタナ州立大学との交流状況(過去5年間) (単位:人)


年度 2011 2012 2013 2014 2015
派遣 交換留学生 3 3 3 2 0
夏期研修(ESL)団 0 0 10 5 0
受入 短期研修団 0 - 0 - 0