2001年度 環境共生学部紀要 > 大和田紘一:大型研究船による海洋研究航海の記録



熊本県立大学環境共生学部
紀要 第1巻 2001
16-26



 
大型研究船による海洋研究航海の記録
第1回 ミレニアム航海・白鳳丸による南太平洋への航海記


大和田 紘一
生態・環境資源学専攻



1.はじめに
 海洋において純学術的基礎研究を目的とする海洋研究所の設立は関係学会による要望によって、日本学術会議において議決され、1962年に東京大学に設置されることになった。はじめは本郷キャンパスの理学部の敷地を借りていたが、1963年から中野区にある東京大学教育学部付属中学校・高等学校の敷地(旧制の東京高校の敷地)の一部を譲り受け、建設されたのが現在の東京大学海洋研究所のはじめである。私は1965年3月に東京大学農学部水産学科を卒業したが、学生の時から海洋研究所には大きな研究船が建造され、広い太平洋でいろいろな海洋学分野の研究が展開されるらしいという噂のようなものがあり、いつも気になっていた。実際、私の1年先輩の2人が1964年4月からまだ出来たばかりのプランクトン部門に大学院生として入り、淡青丸という250トンの研究船で航海していることが聞こえてきた。私は修士課程の初めは農学部の海洋研究室で海藻研究が専門の新崎盛敏教授の大学院生になったが、海洋研究所の方にはこれから海洋微生物部門が設立されると聞き、当時はまだ助教授であった多賀信夫先生にもお願いをし、新崎先生の了解を得て1965年6月頃からは海洋研究所の方で研究を進めることにさせていただいた。その後、1969年5月に博士課程の中途で大学院を退学して海洋微生物部門の助手に採用され、2001年3月でその研究室の教授を辞職して熊本県立大學に移るまでの間、水産庁養殖研究所に勤めた7年間(1979年3月 - 1986年3月)を除いては29年間をこの研究所で、過ごしたことになる。その間に海洋の微生物に関するいろいろな研究を行い、また研究航海にも積極的に参加してきた。そこで、これまでの研究や、特に航海中の船内生活や外国に寄港中に楽しんだことなど、思い出すままに書いて記録として残しておきたい。
 最初に紹介するのが、私にとっては海洋研究所での最後の航海に当たる南太平洋への航海というのもおかしなものであるが、まだ記憶に一番良く残っているので、これから始めることにする。






論文(全文)をご覧いただく為には、Adobe Acrobat Reader(R)が必要です。下記リンク先のHPよりダウンロード出来ます。
※Acrobat Reader(R)は米国Adobe社の商標です。