開講所属総合管理学部
時間割コード11131332
授業科目名英語III(b)
授業科目名(英文)English III
科目区分外国語
担当教員田中 祐治
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 木曜日 2時限
単位数1


概要
 ビジネスや様々な分野の英語を聴くことでリスニング能力を高めると同時に、語彙・文法力を向上させることで特に書く能力を中心とした英語表現力を養います。
到達目標
 英語III・IVを受講することによって、受講生は、英語におけるリスニング能力及びライティング能力を高めることが求められる。加えて、英語III・IVの受講生は、できるだけ多くの英語の語彙を学習することも求められる。なお、学習の対象となる英語の語彙は、TOEIC(R)において用いられやすい語彙である。
 到達目標は、基本的な英語表現を聴き取りその内容を正確に理解できること、それらの英語表現を文法的に正確に書くことができること、授業において扱われた英語の語彙をできるだけ多く正確に習得できていることである。
履修上の注意
 第1回目の授業において、担当教員が、受講生に対して、「この授業についての注意事項」を明示します。第1回目の授業において担当教員から明示される事柄に、第1回目だけではなく、第2回目以降の全ての授業において十分留意してください。
 <この授業においては、受講態度を重要視します。>
授業計画
1. Guidance
2. ALC TOEIC
3. Unit 1 I've heard a lot about you.
4. Unit 2 I've got a lot on my plate today.
5. Unit 3 Give me a little breathing room.
6. Unit 4 No hard feelings.
7. Unit 5 I should've explained more thoroughly.
8. Unit 6 If I had time, I could go out with you.
9. Unit 7 He's at her beck and call.
10. Unit 8 What he said sticks in my craw.
11. Unit 9 I need to turn over a new leaf.
12. Unit 10 Don't hesitate to ask for help.
13. Unit 11 He gave his staff a pep talk.
14. Unit 12 We're in the homestretch now.
15. Summarization
予習・復習
について
予習: ・各回の授業の該当箇所の英語表現の内、はじめて出会った英語表現や、聞いたことや見たことがあるけれどもまだ確実には習得していない英語表現について、各自、辞書を用いて、前もって調べ、調べた結果分かったことをノートに記入してくること。
復習: ・各回の授業において出てきた英語表現の内、はじめて出会った英語表現や、聞いたことや見たことがあるけれどもまだ確実には習得していない英語表現について復習しておくこと。
使用教材
 プリント教材を配布して使用する。
参考文献
『<a href="http://wwwlib.pu-kumamoto.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=844869"target="_blank">TOEIC(R)テスト新公式問題集</a>』TOEIC運営委員会発行(296ページ・オーディオCD2枚付・定価2,940円・ISBN: 9784906033348).
単位認定
の方法
・「予習・授業・復習」への取り組みの熱心さ・・・30%
・定期試験・・・70%
成績評価基準
 基本的な英語表現を聴き取りその内容を正確に理解できるか、それらの英語表現を文法的に正確に書くことができるか、授業において扱われた英語の語彙をできるだけ多く正確に習得できているか、を評価の基準とする。
その他1
その他2
参考URL