開講所属総合管理学部
時間割コード11131434
授業科目名英語IV(d)
授業科目名(英文)English IV
科目区分外国語
担当教員藤本 いづみ
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 5時限
単位数1


概要
ビジネスや様々な分野の英語を聴くことでリスニング能力を高めると同時に、語彙・文法力を向上させることで特に書く能力を中心とした英語表現力を養います。
到達目標
英語3・4を受講することによって、受講生は、英語におけるリスニング能力及びライティング能力を高めることが求められる。加えて、英語3・4の受講生は、できるだけ多くの英語の語彙を学習することも求められる。なお、学習の対象となる英語の語彙は、TOEIC(R)において用いられやすい語彙である。
履修上の注意
1.テキストの予習、毎回の単語小テストの学習を必ず行うこと。(遅刻の場合は小テストを受けることができないので注意してください。)
2.復習課題を出します。課題は提出期限を厳守すること。
3.後期の授業は第1回目からテキストを使用します。必ずテキストを持ってくること。
4.ノートを1冊用意してください。(各課の語彙をまとめたり、英文例文作成などに使用します。)辞書は毎回必ず持ってくること。
5.授業を真面目に受けなかったり、他人に迷惑をかけるような態度をとる者は受講態度が不良と判断し、即、不可にします。十分注意すること。
授業計画
TOEIC(R)の総合演習テキストを用いて学習します。リスニング・語彙・文法・読解問題をバランス良く学習します。語彙については、TOEIC(R)の総合演習テキスト及びTOEIC(R)の単語テキストを使用し、毎回単語テストを行うことにより語彙力を定着、強化します。また、語彙・文法・語法などに留意して適切な英文を書く演習も行います。


第1回  Unit 1 Eating Out:動詞 (1)
第2回  Unit 2 Travel:動詞 (2)
第3回  Unit 3 Amusement:品詞
第4回  Unit 4 Meetings:分詞
第5回  Unit 5 Personnel:不定詞と動名詞 (1)
第6回  Unit 6 Shopping:不定詞と動名詞 (2)
第7回  Unit 7 Advertisement:仮定法
第8回  TOEIC(R)テスト直前対策演習 [Reading Part](ハンドアウトを配布)
第9回  TOEIC(R)テスト直前対策演習 [Listening Part](ハンドアウトを配布)
第10回 Unit 8 Daily Life:受動態
第11回 Unit 9 Office Work:代名詞
第12回 Unit 10 Business:数量詞
第13回 Unit 11 Traffic:接続詞
第14回 Unit 12 Finance and Banking:前置詞
第15回 Unit 13 Media:語彙 Unit 14 Health and Welfare 
予習・復習
について
TOEIC(R)テキストの予習について
1)テキストは毎回 リスニングパートとリーディングパートをそれぞれ1課進みます。指定された課のリスニング問題・文法・語彙問題・読解問題を全て解答してください。
2)文法・語彙については辞書や参考を用いて十分に調べ、授業で指名されたときに答えられるように準備してください。
3)テキストの新出単語及び自分が習得できていない単語をノー トにまとめてください。

単語テストの予習について
1)単語テキストとテキストの指定されたページから20問出題します。全問正解ができるように十分に準備してください。
2)単語テキストの単語は例文の意味も確認してください。また、どのような文脈で使われるのかを理解して下さい。
3)単語テキストの単語と例文を声に出して読む練習をしてください。

復習について
1)TOEIC(R)のテキストで学習した文法や語法・表現を復習してください。その際、各自の参考書を用いて確認し、完全に理解できるようにしてください。疑問点は授業で質問してください。
2)テキストの新出単語、及び自分が習得できていない単語をノートにまとめてください。
3)単語テストの範囲はたえずさかのぼって復習し、語彙を定着させるようにしてください。
4)リスニング力を高めるために、TOEIC(R)のテキストで学習したリスニングパートは、音声教材を用いて、完全に聞き取れるようになるまで繰り返し聞いてください。そのあと、本文をリピート練習し、音声教材の発話スピードと同じ速度で話せるようになるまでスピーキング練習をしてください。
使用教材
1) 『STEP-UP SKILLS FOR THE TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST』 朝日出版
2) 『Target on Business and TOEIC(R) Test Vocabulary 』 成美堂
3)ハンドアウト(ライティング演習)
注)『Target on Business and TOEIC(R) Test Vocabulary 』は英語3と英語4で共通です。英語3で使用した単語テキストを英語4でも使用します。
参考文献
1.『TOEIC(R)テスト公式問題集』1.2.3.4.5.6.
3.『TOEIC(R)テスト公式問題集 新形式問題対応編』
2.『New Version対応TOEIC(R)テスト完全攻略ガイド』アルク
単位認定
の方法
・単語小テスト・・・10%
・授業態度・・・10%
・12月に実施される学内TOEIC・・・20%
・定期試験・・・60%
※1年次の12月に受験したTOEIC-IP試験の得点で外部試験による単位認定申請はできません。
成績評価基準
基本的な英語表現を聴き取りその内容を正確に理解できるか、それらの英語表現を文法的に正確に書くことができるか、授業において扱われた英語の語彙をできるだけ多く正確に習得できているか、を評価の基準とする。
その他1
その他2
参考URL