開講所属総合管理学部
時間割コード11131638
授業科目名英語VI(h)
授業科目名(英文)English VI
科目区分外国語
担当教員田中 祐治
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 5時限
単位数1


概要
 様々な分野の英文を読むことを通して受講生が将来必要とされるより高度な語彙力及び読解力を養い、幅広い視点から物事を考える能力を養います。
到達目標
 英語V・VIを受講することによって、受講生は、英語における読解力を向上させることが求められる。
 到達目標は、英語で書かれた文章を読み内容を正確に理解できること、授業において扱われた英語の語彙をできるだけ多く正確に習得できていることである。
履修上の注意
 第1回目の授業において、担当教員が、受講生に対して、「この授業についての注意事項」を明示します。第1回目の授業において担当教員から明示される事柄に、第1回目だけではなく、第2回目以降の全ての授業において十分留意してください。
 <この授業においては、受講態度を重要視します。>
授業計画
1. Guidance
2. Unit 1 He's got a loose tongue.
3. Unit 2 Let's start over with a clean slate.
4. Unit 3 You should dress warmly in this weather.
5. Unit 4 Am I getting my point across?
6. Unit 5 I'll concede that point to you.
7. Unit 6 He's good at doing impressions.
8. Unit 7 Don't sweat the small stuff.
9. Unit 8 This trash stinks to high heaven.
10. Unit 9 This towel will lose its color in the wash.
11. Unit 10 My glasses have fogged up.
12. Unit 11 This TV show is quite habit-forming.
13. Unit 12 This dictionary still serves me well.
14. ALC TOEIC
15. Summarization
予習・復習
について
予習: ・各回の授業の該当箇所の英語表現の内、はじめて出会った英語表現や、聞いたことや見たことがあるけれどもまだ確実には習得していない英語表現について、各自、辞書を用いて、前もって調べ、調べた結果分かったことをノートに記入してくること。
復習: ・各回の授業において出てきた英語表現の内、はじめて出会った英語表現や、聞いたことや見たことがあるけれどもまだ確実には習得していない英語表現について復習しておくこと。
使用教材
 プリント教材を配布して使用する。
参考文献
『<a href="http://wwwlib.pu-kumamoto.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=844869"target="_blank">TOEIC(R)テスト新公式問題集Vol.2</a>』TOEIC運営委員会発行(284ページ・オーディオCD2枚付・定価2,940円・ISBN: 9784906033362).
単位認定
の方法
・「予習・授業・復習」への取り組みの熱心さ・・・30%
・定期試験・・・70%
成績評価基準
 英語で書かれた文章を読み内容を正確に理解できるか、授業において扱われた英語の語彙をできるだけ多く正確に習得できているか、を評価の基準とする。
その他1
その他2
参考URL