開講所属全学共通
時間割コード11136401
授業科目名フランス語基礎
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員砂野 幸稔
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 1時限
後期 金曜日 1時限
単位数2


概要
前期フランス語入門Bはフランス語の初歩を総合的に修得する。後期フランス語基礎は、続けてフランス語の基礎を総合的に修得する。基礎的表現および文法の学習を通じてフランス語という言語の基本的体系を理解するとともに、正確な発音を身につけ、聞き、話し、読み、書く能力の基礎を修得する。
到達目標
基礎的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。実用フランス語検定4級の水準。
履修上の注意
初めて学習する外国語の修得のためには一定以上の学習密度が不可欠である。毎回の授業の準備、復習のために十分な時間をあてるとともに、NHKテレビ、ラジオの講座、図書館のテープライブラリー等を利用して、できる限り授業以外の場でもフランス語にふれてほしい。
 毎週二回の授業を連続して受講し、半期で2単位を修得することになるので注意すること。
 毎回、授業開始時に前回の内容についての小テストを行い、出席は提出された小テストの答案で確認する。遅刻者の再テストは行わないので定刻に必ず席についていること。
 なお、正当な理由のない欠席が連続5回あるいは総授業回数の三分の一を超えた場合は、履修を放棄したものと見なす。出席日数が三分の二に満たない者は原則として定期試験の受験資格を与えないので注意すること。
授業計画
第1回 前期内容の復習
第 2回 第10課Dialogueを理解する
第 3回 第10課文法事項の理解:近接未来、近接過去、中性代名詞
第 4回 第10課応用練習
第 5回 第11課Dialogueを理解する
第 6回 第11課文法事項の理解:比較級、最上級
第 7回 第11課応用練習
第 8回 第12課Dialogueを理解する
第19回 第12課文法事項の理解:直説法複合過去(1)
第10回 第12課応用練習
第11回 第13課Dialogueを理解する
第12回 第13課文法事項の理解:直説法複合過去(2)
第13回 第13課応用練習
第14回 第14課Dialogueを理解する
第15回 第14課文法事項の理解:直説法半過去、大過去
第16回 第14課応用練習
第17回 第15課Dialogueを理解する
第18回 第15課文法事項の理解:直説法単純未来、前未来
第19回 第15課応用練習
第20回 第16課Dialogueを理解する
第21回 第16課文法事項の理解:条件法現在、過去
第22回 第16課応用練習
第23回 第17課Dialogueを理解する
第24回 第17課文法事項の理解:接続法現在、過去
第25回 第17課応用練習
第26回 第18課Dialogueを理解する
第27回 第18課文法事項の理解:関係代名詞、強調構文
第28回 第18課応用練習
第29回 1年間の復習(前半)
第30回 1年間の復習(後半)
予習・復習
について
予復習なしで初修外国語を習得することは不可能である。毎回の授業の予復習に十分な時間を当てることは当然の前提である。
使用教材
『《新版》ピエールとユゴー』(白水社、2500円+税)
参考文献
〔仏和辞典〕「プチ・ロワイヤル仏和辞典」(旺文社)、「Le Dico 現代フランス語辞典」(白水社)、「白水社ラルース仏和辞典」(白水社)を推薦する。すでに手持ちの辞書がある場合は、あえて新たに購入する必要はないが、あまりに古いものは避けてほしい。
〔和仏辞典〕「現代新和仏小辞典」(白水社)を推薦するが、必ずしも購入する必要はない。
単位認定
の方法
(1) 定期試験 80%
(2) 授業開始時の小テスト 20%:毎回の小テストの合計点を授業回数で割り、20点満点に換算する。欠席、遅刻は0点とする。
※なお、学生は以下のことを教員から期待できる。
A) 小テストの結果は毎回返却する。
B) 定期試験は返却し(後期は希望者)、学生は採点結果について疑問を質すことができる。ただし、教務入試課への成績提出期限を過ぎると変更は不可能となる。
C) 授業中だけでなく、指定の質問日(オフィスアワー)に研究室で質問を受け付ける。
成績評価基準
基礎的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。
その他1
その他2
参考URL