開講所属全学共通
時間割コード11136501
授業科目名フランス語発展I
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員砂野 幸稔
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 2時限
単位数1


概要
フランス語基礎の履修を踏まえて、フランスとフランス語圏の文化に触れつつ、より高度な読解力と表現力を総合的に育成することを目標とする。
到達目標
フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。実用フランス語検定3級水準。
履修上の注意
外国語の修得のためには一定以上の学習密度が必要だが、週一回の授業だけではその密度は得られない。それ故、毎回の授業の準備、復習のために十分な時間をあてるとともに、NHKテレビ、ラジオの講座、図書館のテープライブラリー等を利用して、できる限り授業以外の場でもフランス語にふれてほしい。
 毎回、授業開始時に前回の内容についての小テストを行い、出席は提出された小テストの答案で確認する。遅刻者の再テストは行わないので定刻に必ず席についていること。
 なお、正当な理由のない欠席が連続3回あるいは計5回以上になった場合は、履修を放棄したものと見なす。出席日数が三分の二に満たない者は原則として定期試験の受験資格を与えないので注意すること。
授業計画
第1回 導入 現代フランス語圏の社会と文化について
第 2回 第1課テキスト理解「表現の自由」
第 3回 第1課文法理解+第2課テキスト理解「生地主義」前半
第 4回 第2課テキスト理解「生地主義」後半+第2課文法理解
第 5回 第3課テキスト理解「フランス人そしてユダヤ人であること」
第 6回 第3課文法理解+第4課テキスト理解「フランスにおける死刑廃止」
第 7回 第4課文法理解+第5課テキスト理解「フランスの経済学者たち」前半
第 8回 第5課テキスト理解「フランスの経済学者たち」後半+第5課文法理解
第19回 第6課テキスト理解「ドローン」
第10回 第6課文法理解+第7課テキスト理解「食料の消費」前半
第11回 第7課テキスト理解「食料の消費」後半+第7課文法理解
第12回 第8課テキスト理解「主日の安息」
第13回 第8課文法理解+第9課テキスト理解「フランスの出生率」前半
第14回 第9課テキスト理解「フランスの出生率」後半+第9課文法理解
第15回 第10課テキスト理解「フランスの大麻問題」+第10課文法理解
予習・復習
について
毎回の内容の復習とともに、各課のテキスト、練習問題の予習は必須である。十分な予復習なしに初修外国語を習得することは不可能である。
使用教材
『時事フランス語2017年版』(朝日出版社、1900円+税)を使用する。
参考文献
〔仏和辞典〕「プチ・ロワイヤル仏和辞典」(旺文社)、「Le Dico 現代フランス語辞典」(白水社)、「白水社ラルース仏和辞典」(白水社)を推薦する。すでに手持ちの辞書がある場合は、あえて新たに購入する必要はないが、あまりに古いものは避けてほしい。
〔和仏辞典〕「現代新和仏小辞典」(白水社)を推薦するが、必ずしも購入する必要はない。
単位認定
の方法
 (1) 定期試験 80%。
 (2) 授業開始時の小テスト 20%:毎回の小テストの合計点を授業回数で割り、20点満点に換算する。欠席、遅刻は0点とする。
※なお、学生は以下のことを教員から期待できる。
A) 小テストの結果は毎回返却する。
B) 定期試験は返却し(後期は希望者)、学生は採点結果について疑問を質すことができる。ただし、教務入試課への成績提出期限を過ぎると変更は不可能となる。
C) 授業中だけでなく、指定の質問日(オフィスアワー)に研究室で質問を受け付ける。
成績評価基準
フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。
その他1
その他2
参考URL