開講所属全学共通
時間割コード11137601
授業科目名ドイツ語発展II
授業科目名(英文)German II
科目区分外国語
担当教員Reibert Ronald
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 金曜日 2時限
単位数1


概要
ドイツ語発展Ⅰに続き、より高度な読解力と表現力を総合的に育成することを目標とする。
中級ドイツ語の平易な文章表現、口頭表現を習得しながら、ドイツとドイツ語圏の文化や社会についても学ぶ。
到達目標
ドイツ語の文構成についての理解をより深め、簡単な日常表現を聴き、話し、平易な文章を読み、書くことができる。
ドイツ語のリスニングと話す能力を強化する。
ドイツ語中級の文法の知識を強化する。
中級ドイツ語の約250の語彙を覚えて適切に使えるようになる。
日常場面の中級ドイツ語会話ができるようになる。
家族、お祭り、熊本市、過去の出来事などについて、中級ドイツ語による2分程度での小発表ができるようになる。
履修上の注意
外国語の修得のためには一定以上の学習密度が必要だが、週1回の授業だけではその密度は得られない。それ故、毎回の授業の準備、復習のために十分な時間をあてるとともに、NHKテレビ、ラジオの講座、図書館のテープライブラリー等を利用して、できる限り授業以外の場でもドイツ語にふれてほしい。
「ドイツ語発展Ⅰ」は前期に、「ドイツ語発展Ⅱ」は後期に開講される科目であるが、併せて通年で履修する。(再履修や特別な事情などで、この原則に従えない場合は、申し出ること。但し、その場合も、教科書は4月初めに購入しておくこと。)
授業計画
第1回 第8回: 家族(1)
内容  基本語彙、職業の名称、所有冠詞など
     東西ドイツ統一の25周年(ビデオなど)
第2回 第8課:家族(2)
内容  家族について話し合う、人の外見や特徴を表す形容詞など
第3回 第8課:家族(3)
内容  Familie Mueller (1)、聞き取り、ドイツの家族(特徴や傾向、ビデオなど)
第4回 第8課:家族(4)
     Familie Mueller (2)、聞き取り、まとめなど
第5回 第8課:家族(5)
     受講者の家族(発表)
第6回 第5課:話法の助動詞(1)
内容  現在人称変化、用法、koennen
第7回 第5課:話法の助動詞(2)
内容  Was koennen Touristen in Kumamoto machen?
   ショッピングセンターで(koennen) 
第8回 第5課:話法の助動詞(3)
内容  ショッピングセンターで(koennen, muessen, moechten, sollen, wollen, duerfen)  
第9回 第5課:話法の助動詞(4)
内容  受講者の日常生活の場面における話法の助動詞の用法
     ドイツの文化:MuenchenのOktoberfest
第10回 第7課:話法の助動詞(5)
内容   レストランなどでの注文や支払いなど
      ドイツの食文化(ビデオなど) 
第11回 第9課: 過去の出来事(1)
内容   動詞の現在完了形(作り方・用法)、不規則動詞の過去分詞など
第12回 第9課:過去の出来事(2)
内容   昨日、先週などの過ごし方について話し合う、ドイツのクリスマス(ビデオなど)
第13回 第9課:過去の出来事(3)
内容   ウィーンへの旅行の報告、聞き取りや作文など、ウィーンの観光地(ビデオなど)
第14回 第9課:話法の助動詞とhabenとsein動詞の過去形(過去人称変化・用法など)
内容   週末の過ごし方について話すこと
第15回 第10課:過去の出来事(4)
内容   お正月や冬休みの過ごし方について話し合うこと、ドイツの年越しの習慣
予習・復習
について
・前回授業で学習した語彙や文法を覚える
・テキストとCDを使って文章の読み方を予習・復習する
・外国語の修得のためには一定以上の学習密度が必要だが、週1回の授業だけではその密度は得られない。それ故、毎回の授業の準備、復習のために十分な時間をあてるとともに、NHKテレビ、ラジオの講座、図書館のテープライブラリー等を利用して、できる限り授業以外の場でもドイツ語にふれてほしい。
使用教材
『アクティブに使うドイツ語〈ノイ〉』(aktiv.de neu)
三宅恭子、Koch Michaela、三修社 2015年
ISBN978-4-384-12278-7、2700円 (通年使用)
参考文献
 必要に応じて適宜紹介する。
単位認定
の方法
以下の項目による総合的な評価
・授業に対する積極性
・宿題
・小発表
・小テスト
・学期末定期試験
成績評価基準
・ドイツ語の文構成の基本を理解しているか。
・簡単な日常表現を聴き、話し、平易な文章を読み、書くことができるか。
・初級ドイツ語の約250の語彙を覚えて適切に使えるか。
・各テーマについて、2分程度での小発表ができるか。
・聴解課題において聞き取った内容をドイツ語でまとめて言えるか。
その他1
その他2
参考URL