開講所属全学共通
時間割コード11138301
授業科目名中国語入門B-a
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員山田 俊
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 木曜日 1時限
前期 金曜日 1時限
単位数2


概要
・週2回90分の授業で、半期で集中的に中国語の初級文法をマスターする。発音の基礎、ピンイン(中国語の発音記号)の読み方から始め、初級中国語の文法事項のほとんどを学修する。同時に中国文化に対する理解を深めることも目指す。
到達目標
・中国語のピンイン(中国語の発音記号)の完全修得
・中国語の初級文法の修得
履修上の注意
・年度初めに掲示されるクラス分け表に従って履修すること。
・後期「中国語基礎」は「中国語入門B」と同一クラスで継続して履修すること。
・「中国語入門B」を再履修する学生は事前に文学部山田まで必ず相談に来ること。

 
 
 
授業計画
授業計画は教科書の内容に即して進めていくが、おおよその目安は以下の通りである。

第一回:ピンイン練習・単母音声調
第二回:ピンイン練習・複合母音、子音
第三回:ピンイン練習・子音
第四回:ピンイン練習・子音
第五回:ピンイン練習・子音
第六回:ピンイン練習、鼻母音、総括練習
第七回:動詞述語文
第八回:形容詞述語文
第九回:名詞述語文
第十回:能願動詞1
第十一回:所在文
第十二回:前置詞句1
第十三回:前置詞句2
第十四回:時量補語
第十五回:様態補語1
第十六回:様態補語2
第十七回:アスペクト「了2」
第十八回:比較文
第十九回:アスペクト「過」
第二十回:能願動詞2
第二十一回:アスペクト「着」
第二十二回:「把」字構文
第二十三回:アスペクト「了1」
第二十四回:方向補語1
第二十五回:方向補語2
第二十六回:可能補語
第二十七回:存現文
第二十八回:進行形
第二十九回:許可表現
第三十回:使役・受動文
予習・復習
について
授業で学修した内容については確実に身につくように復習すること。特に、授業中指摘した新出単語、文法事項は確実に修得すること。更に、教科書の課ごとに実施される小テストに十分に復習した上で臨み、積み残しの無いようにすること。進捗状況に応じて適宜出される課題、宿題等を着実にこなして授業に出席すること。
使用教材
  使用テキスト:『どうちがう?似たもの中国語』(朝日出版社、2,400円+税)
 第一回目の授業の際に教室で販売する。代金を持参すること。
 補足資料を適宜授業中に配布(プリントを使用)。
参考文献
 授業中紹介する。
単位認定
の方法
各課小テストの八割以上の出来、定期テストの六割以上の出来、毎回の授業中における学修態度等により総合的に判断する。
成績評価基準
中国初級レベルの語彙の修得と、文法事項が理解されているかどうかで評価する。
その他1
その他2
参考URL