開講所属全学共通
時間割コード11138501
授業科目名中国語発展Ia
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員山田 俊
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 2時限
単位数1


概要
・1年次の「中国語入門B」「中国語基礎」での学修成果を踏まえ、中国語の「読み・書く・聴く・話す」の四技能の総仕上げを行う。
到達目標
・中級中国語能力を安定化させ、より多くの教材に触れることで、より高度な総合力の修得を目指す。
・中国語ニュースの聞き取りにより聞き取り能力を高め、ニュースの内容を理解し、同内容を口頭で発信できる様にする。
・より高度な中国語長文を読解する能力を習得する。
履修上の注意
・クラス分けは昨年度の「中国語入門B-a」「中国語基礎-a」と同じクラスとする。尚、「中国語発展」から履修しようとする学生は、文学部山田まで相談されたい。
・再履修者は原則として山田担当のクラスを履修すること。
・辞書必携。
・「中国語発展」から初めて履修する者は、中級程度の中国語の学修を終えていることを前提とする。
・不明な点が有る者は、文学部山田にまで確認に来ること。
授業計画
・前期は、中国のニュース番組の聞き取りを中心に行う。一つのニュースを何回かに分けて繰り返し聞き、自ら発音することでその「音」を確認し、「聞く」力の向上に努める。一つのニュースを聞き終えた時点で、確認のための小テストを実施する。併せてテキストの読解も行う。おおよその予定は下記の通り。

第1回 教材配布、授業計画説明。
第2回 第1ニュース聞き取り
第3回 第1ニュース聞き取り
第4回 第1ニュース聞き取り
第5回 第1ニュース確認
第6回 第2ニュース聞き取り
第7回 第2ニュース聞き取り
第8回 第2ニュース聞き取り
第9回 第2ニュース確認
第10回 第3ニュース聞き取り
第11回 第3ニュース聞き取り
第12回 第3ニュース聞き取り
第13回 第3ニュース確認
第14回 補足
第15回 総括、後期教材配布
予習・復習
について
・前期は、テキストの読解は、毎回一定量の家庭での予習が必須となる。ニュースの聞き取りは、事前に配布される課題に即して準備をした上で教室での授業に臨むこと。また、授業後に聞き取った内容の確認は着実に行うこと。それが次の聞き取りへのステップとなる。
使用教材
・読解テキストはプリントにて配布。
・聞き取り教材はCDを授業中に配布。

参考文献
・中日辞典必携。
単位認定
の方法
・定期試験は実施しない。聞き取りの単元ごとの確認テスト(40%)、課題への取り組み(30%)、平常の授業態度(30%)等から総合的に評価する。
成績評価基準
・各単元が終了した時点で、聞き取りニュースの内容を的確に把握しているかどうか、読解文の内容を、予習を踏まえて正確に理解しているかどうかから評価する。
その他1
その他2
参考URL