開講所属全学共通
時間割コード11139102
授業科目名韓国語入門AI-b
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員矢野 初美
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 1時限
単位数1


概要
週1回の授業を通して1年で韓国語の初級を学習する。ハングルの読み書きと韓国語の基礎文法・基礎語彙について学び、日常会話レベルのコミュニケーションができる力をつけるとともに簡単な読み書きができる力を養う。併せて異文化に対する理解を深める。
到達目標
・韓国語の文字である「ハングル」が読めて、書けるようになる
・韓国語の基本的な文法・語彙を学び、簡単な会話表現が言えるようになる
・韓国の社会や文化に関する理解を高める
履修上の注意
・年度初めに掲示されるクラス分け表に従って履修すること
・前期の「韓国語入門AI」と後期の「韓国語入門AII」は同一クラスで継続して履修すること
・「韓国語入門A」を再履修する学生は事前に崔まで相談に来ること
授業計画
第1回  韓国語の特徴  文字と発音  単母音と文字
第2回  半母音+単母音と文字  子音と文字
第3回  半母音+単母音と文字  二重母音と文字
第4回  有声音化  濃音化  連音化  終声
第5回  激音・濃音と文字
第6回  発音の練習
第7回  発音の練習
第8回  激音化 鼻音化
第9回  丁寧な名詞文
第10回 「~と言います」の表現
第11回 挨拶ことば 授業中によく使われる表現
第12回 否定の名詞文  指定詞
第13回 「あります」「ありません」の表現  存在詞
第14回 2つの文字からなる終声の発音  漢数詞
第15回 前期の復習
予習・復習
について
文字と発音を学んでいる間はハングルの読み方を覚えること、また日本語にない音を出す練習を重点的に復習してください。文にはいると、次回学習する内容に目を通し実際に練習問題を解いてみるとともに、復習も必要です。
使用教材
『ふじのちゃんのコリア語入門 文法編』(中西恭子著:朝日出版社)\1,900+税  
参考文献
『朝鮮語辞典』(小学館)\7,770+税
単位認定
の方法
単語の小テスト20%、定期テスト80%で評価する。
成績評価基準
・ハングルの読み書きができるか。
・丁寧な名詞文の肯定文・疑問文・否定文が作れるか。
・助詞を正しく使えるか。
・基本的な単語を覚えているか。
その他1
その他2
参考URL