開講所属全学共通
時間割コード11139202
授業科目名韓国語入門AII-b
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員矢野 初美
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 金曜日 1時限
単位数1


概要
週1回の授業を通して1年で韓国語の初級を学習する。ハングルの読み書きと韓国語の基礎文法・基礎語彙について学び、日常会話レベルのコミュニケーションができる力をつけるとともに簡単な読み書きができる力を養う。併せて異文化に対する理解を深める。
到達目標
・韓国語の文字である「ハングル」が読めて、書けるようになる
・韓国語の基本的な文法・語彙を学び、簡単な会話表現が言えるようになる
・韓国の社会や文化に関する理解を高める
履修上の注意
・前期の「韓国語入門AI」と後期の「韓国語入門AII」は同一クラスで継続して履修すること
・「韓国語入門A」を再履修する学生は事前に文学部崔まで相談に来ること
授業計画
第1回   堅苦しくない表現   陽母音・陰母音
第2回   基本的な助詞   述語における縮約
第3回   漢字音   指示詞
第4回   固有数詞  助数詞  時を表す語
第5回   日本語と助詞のずれが生じる場合
第6回   接続語尾   目的を表す表現
第7回   過去形の作り方
第8回   現在連体形の作り方
第9回   過去連体形の作り方
第10回  未来連体形の作り方
第11回  変則活用(S変等)
第12回  変則活用(P変等)
第13回  変則活用(h変等)
第14回  動詞・形容詞の否定文
第15回  意思・推量を表す表現  希望を表す表現
予習・復習
について
次回学習する部分に目を通すとともに、練習問題を解いてみること。また学習したことを整理・理解し、覚えること。
使用教材
『ふじのちゃんのコリア語入門 文法編』(中西恭子著:朝日出版社)\1,900+税
参考文献
『朝鮮語辞典』(小学館)\7,770+税
単位認定
の方法
単語の小テスト20%,定期試験80%で評価する。
成績評価基準
・堅苦しい表現と堅苦しくない表現で、述語が動詞や形容詞の肯定文・否定文・疑問文が自由に作れる。
・変則活用をする語を間違いなく活用させられる。
・様々な助詞を使いこなせる。
その他1
その他2
参考URL