開講所属全学共通
時間割コード11139401
授業科目名韓国語基礎-a
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員崔 文姫
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 1時限
後期 金曜日 1時限
単位数2


概要
 後期週2回の授業を通して半年で集中的に韓国語を学び、中級へのレベルアップを目指す。前期の「韓国語入門B」で身につけた基礎語彙・文法を活用しながら表現の幅を広げる。日常的コミュニケーションができる力をつけるとともに、平易な文章を読んだり、メール等の簡単な文章を書いたりできる能力を養う。同時に韓国文化への理解をより深める。
 学んだ内容をしっかり身につけるため、シャドーイングによる発音練習および受講者同士のペア練習や教師とのやり取りを通して、学習した文型を口に出して言う練習をしっかり行う。授業は、韓国語と日本語の類似点・相違点などに関する説明を交えてできるだけ負担を感じず楽しく学習できるように進めていき、韓国の文化・事情・生活などにも触れる。
到達目標
・ハングルがすらすら読めるようになる。
・韓国語で簡単な会話表現がすぐに言えるようになる。
・韓国語で簡単な文をすぐに作り、書くことができる。
履修上の注意
・前期の「韓国語入門B」と同一クラスで履修すること。
・「韓国語基礎」を再履修する学生は事前に文学部崔まで相談に来ること。
・連続して5回欠席した場合、あるいは欠席回数が総授業の3分の1を超えた場合は、履修を放棄したものと見なす。
授業計画
第1回  前期内容の復習
第2回  固有数詞の使い方~ポイント説明、発音練習
第3回  固有数詞の使い方~練習問題、会話練習
第4回  敬語表現:「日本語を話されますか」~ポイント説明、発音練習
第5回  敬語表現:「日本語を話されますか」~練習問題、会話練習
第6回  用言の否定形:「バスは行きません」~ポイント説明、発音練習
第7回  用言の否定形:「バスは行きません」~練習問題、会話練習
第8回  過去形:「~しました、~でした」~ポイント説明、発音練習
第9回  過去形:「~しました、~でした」~練習問題、会話練習
第10回 勧誘表現:「~しましょう、~しょう」~ポイント説明、発音練習
第11回 勧誘表現:「~しましょう、~しょう」~練習問題、会話練習
第12回 現在進行形:「~している」~ポイント説明、発音練習
第13回 現在進行形:「~している」~練習問題、会話練習
第14回 可能・不可能表現:「~できる、~できない」~ポイント説明、発音練習
第15回 可能・不可能表現:「~できる、~できない」~練習問題、会話練習
第16回 映像から学ぶ韓国文化
第17回 願望表現:「~したいです」~ポイント説明、発音練習
第18回 願望表現:「~したいです」~練習問題、会話練習
第19回 指示・依頼表現:「~してください」~ポイント説明、発音練習
第20回 指示・依頼表現:「~してください」~練習問題、会話練習
第21回 許可を求める表現:「~してもいいですか」~ポイント説明、発音練習
第22回 許可を求める表現:「~してもいいですか」~練習問題、会話練習
第23回 義務表現:「~しなければならない」~ポイント説明、発音練習
第24回 義務表現:「~しなければならない」~練習問題、会話練習
第25回 未来の推量や意志表現:「~するでしょう、~するつもりです」~ポイント説明、発音練習
第26回 未来の推量や意志表現:「~するでしょう、~するつもりです」~練習問題、会話練習
第27回 不規則活用用言①~ピウプ変則用言
第28回 不規則活用用言②~ウ変則用言
第29回 不規則活用用言③~ル変則用言
第30回 応用会話練習
予習・復習
について
・前もって教科書のどの部分を扱うかを決めておくので、必ず予習してから授業に臨む。
・復習は、新出単語や新しい文型をしっかり覚えるようにする。
・毎回、会話文暗記などの課題を課すので、しっかり実行する。
・随時小テストを行うので、常に予習・復習をする。
使用教材
・『基礎から学ぶ韓国語講座 初級(改訂版)』(木内 明著:国書刊行会)¥2,100+税
・その他、適宜、補足資料を配布する。
参考文献
授業中に紹介する。
単位認定
の方法
随時行う暗記・小テスト(60%)、課題や授業に対する積極性・貢献度(40%)をもとに判断する。
※詳しくは第1回目の授業時に説明する。
成績評価基準
初級文法や語彙が確実に定着しているか、中級レベルの進展が見られたか、授業中に積極的な発信があったかなどを総合的に評価する。
その他1
その他2
参考URL