開講所属全学共通
時間割コード11139402
授業科目名韓国語基礎-b
授業科目名(英文)
科目区分外国語
担当教員田 峻哲
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 1時限
後期 金曜日 1時限
単位数2


概要
 後期週2回の授業を通して半年で集中的に韓国語を学び、中級へのレベルアップを目指す。前期の「韓国語入門B」で身につけた基礎語彙・文法を活用しながら表現の幅を広げる。日常的コミュニケーションができる力をつけるとともに、平易な文章を読んだり、メール等の簡単な文章を書いたりできる能力を養う。同時に韓国文化への理解をより深める。
到達目標
・ハングルがすらすら読めるようになる。
・韓国語で簡単な会話表現がすぐに言えるようになる。
・韓国語で簡単な文をすぐに作り、書くことができる。
履修上の注意
・前期の「韓国語入門B」と同一クラスで履修すること。
・「韓国語基礎」を再履修する学生は事前に文学部崔まで相談に来ること。
授業計画
 以下の予定で進める(状況に応じて変更有り)。

 第 1回 前期の内容を復習(文字と発音)
 第 2回 前期の内容を復習(文法と会話)
 第 3回 固有数詞①「何時に起きますか。」
 第 4回 固有数詞②「何時から何時までですか。」
 第 5回 用言の前置否定形「このごろテレビは見ません。」
 第 6回 21課の練習A・B・C
 第 7回 作文活動①「私の一日」
 第 8回 用言の活用(ヘヨ体の作り方)
 第 9回 用言の活用(尊敬のヘヨ体)
 第10回 「どこに行かれますか。」
 第11回 用言の不規則活用「講義を聞きに学校へ行きます。」
 第12回 22課の練習A・B・C
 第13回 過去表現
 第14回 助詞「誰々から・誰々に」
 第15回 「昨日は私の誕生日でした。」
 第16回 羅列表現
 第17回 23課の練習A・B・C
 第18回 作文活動②「昨日の一日」
 第19回 形容詞の色々
 第20回 対立表現
 第21回 「辛いけど美味しいです。」
 第22回 接続詞の色々
 第23回 意志表現
 第24回 推量表現
 第25回 勧誘表現
 第26回 「何を召し上がりますか。」
 第27回 韓国の食べ物
 第28回 作文活動③「料理を注文しましょう。」
 第29回 発音の変化
 第30回 韓国ドラマで学ぶ
予習・復習
について
 毎回出て来る新出語彙を暗記し、ハングルで書き取りが出来るよう復習すること。
使用教材
 『韓国語初級』 (李昌圭著:白帝社)\2,800+税
参考文献
 『NewカナタKOREAN for Japanese』初級1(カナタ韓国語学院著)
単位認定
の方法
 小テスト30%と定期試験70%
成績評価基準
 韓国語初級レベルの総合的な知識をもってコミュニケーションがとれるかとれないかで評価する。
その他1
その他2
参考URL