開講所属全学共通
時間割コード11151001
授業科目名Language and CultureⅠ
授業科目名(英文)Language and culture 1
科目区分外国語
担当教員原 紘子
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 3時限
単位数1


概要
The purpose of this course is to investigate media cultures in several English-speaking countries including the United States, the United Kingdom, and Canada. We will focus on critical media literacy, which is essential for global communication, and examine the implications of applying it in a variety of settings such as classrooms, museums, communities, and so on. 本講義では、主に英語圏(アメリカ、イギリス、カナダなど)の国々におけるメディア文化について考察する。グローバル・コミュニケーションに求められる新たな言語(クリティカルなメディア・リテラシー)をクラスルーム、美術館、コミュニティー等の様々な場において適用することの意義を探る。
到達目標
By the end of the course, students will be able to: (1) better understand media cultures in English-speaking countries as well as the concept of critical media literacy; and (2) identify and analyze what and how messages are constructed by media. 受講者は、英語圏のメディア文化やクリティカルなメディア・リテラシーの概念についての理解を深めることができる。また、メディアによって構築される多種多様なメッセージを認識し、分析することができる。
履修上の注意
Bring textbook and dictionary to class. Students are required to participate fully in class discussion and exchange ideas. 教科書と辞書を持参すること。この授業では、ディスカッションへの積極的な参加が求められる。
授業計画
Week 1: Introduction: New literacies for global communication オリエンテーション:グローバル・コミュニケーションのための新たなリテラシー
Week 2: Various forms of media in English-speaking countries 英語圏の様々なメディア
Week 3: Mode of address 1: Newspapers 伝達形態 (1):英語圏の新聞
Week 4: Mode of address 2: Magazines 伝達形態 (2):英語圏の雑誌
Week 5: Mode of address 3: Television and the Internet 伝達形態 (3):英語圏のテレビとインターネット
Week 6: Mode of response 反応形態
Week 7: Representations of gender ジェンダーの表象
Week 8: Representations of race and ethnicity 人種、民族の表象
Week 9: The gaze and power 視線と権力
Week 10: Ethics in media メディアにおける倫理(英語圏を中心に)
Week 11: Potential of media in the 21st century 21世紀のメディアの可能性
Week 12: Expression through/with media for social justice 社会正義に向けてのメディア表現
Week 13: Expression through/with media for global communication グローバル・コミュニケーションに向けてのメディア表現
Week 14: Presentation 1: Analysis of media representation 口頭発表 (1):メディアによる表象分析
Week 15: Presentation 2: Application of critical media literacy 口頭発表 (2):クリティカルなメディア・リテラシーの応用
Final Exam 定期試験
(Changes may be made in the schedule according to the number of students and the progress made in each class. 履修者数や授業の進み具合によってスケジュールが変更になる場合もある。)
予習・復習
について
Students need to complete the assigned readings and come to class prepared. It is also important to review each lesson. 各回の授業で指定された箇所をあらかじめ読み、意見の発表やディスカッションに備えること。講義内容を復習し、理解を深めることも大切である。
使用教材
Bray, John, Yasuo Hirano, Masami Takahashi, Nahomi Machida, and Miyuki Takahashi. “Cutting through the Media Jungle”. Tokyo: Seibido, 2011.
『メディア社会を生きる』(John Bray,平野靖雄,高橋優身,町田なほみ,高橋みゆき著:成美堂出版)1,800円+税ISBN: 978-4-7919-3087-6
参考文献
Instruction will be given in class. 講義中に適宜紹介する。
単位認定
の方法
Class performance 授業での積極的参加 (20%)
Comment sheets コメントシート (20%)
Presentation 口頭発表 (20%)
Final exam 定期試験 (40%)
成績評価基準
The evaluation will be done based on the levels of demonstrating knowledge about media cultures in English-speaking countries and practicing critical media literacy. 英語圏のメディア文化を理解し、クリティカルなメディア・リテラシーを実践する能力を身につけているか。
その他1
その他2
参考URL