開講所属文学部
時間割コード11160801
授業科目名Basic English Ⅱ(英文)
授業科目名(英文)Basic English II(Dept.EnglishLanguage&Literature)
科目区分外国語
担当教員村尾 治彦
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 2時限
単位数1


概要
Basic English は、e-learningや多読型の授業による4技能の基礎力に焦点を置いた訓練をする。

Basic English IIでは特に、専門の授業で必要となる、基本的なプレゼンテーション能力や、言語、文化、文学をはじめ、政治、経済、環境など様々な問題に関わるテーマについて英語を介して知識を得、英語で自分の意見を発信していく能力の基礎作りのため、e-learning教材を使用しながら、基本的な語彙力強化及びリスニング能力強化、表現力強化の訓練を行う。
到達目標
Basic English は、基本的な「読む」「聴く」「書く」「話す」技能及び基本語彙力の育成を目指す。

Basic English IIでは特に、自然なスピードの英語を正しく聞き取り、理解し、それを正確に発することができるようになることを目標とする。また、基本的な語彙力の涵養も目指す。
履修上の注意
普段の授業内外の学習を重視するため、普段から積極的に課題に取り組むこと。
全出席を前提とするため、欠席は平常点として減点する。
授業計画
e-learning教材を利用し、シャドウイングやディクテーション、ペア練習などを通して、基本的な語彙力強化及びリスニング能力強化、表現力強化の訓練を行う。また、直読直解による読解の訓練も行う。第1回のオリエンテーションの後、2回から15回まで毎回指定されたUNITのテキストを練習し、授業の最後に確認の小テストを行う。同教材を用いて教室外での自学習も活動の一環とする。

1回:オリエンテーション&ALC(実力診断テスト(40分)+使い方)
2回:Unit30 もしもし、ケニーはいますか
3回:Unit49 「スターウォーズ」、探してます
4回:Unit2  マッサージに通い続ける簡単な方法
5回:Unit6  誰にあげるチョコ?
6回:Unit18 Eメールアドレスの申し込み方
7回:Unit9  星たちがあなたを導くお手伝いをします
8回:Unit12 砂丘への小旅行
9回:Unit28 無茶な減量は逆効果
10回:Unit50 柔軟な「足」が成功の秘訣?
11回:Unit32 今がお買い得
12回:Unit41 IDの保管は慎重に
13回:Unit46 朝の交通情報
14回:Unit3  コーヒーとCDのコラボレーション
15回:Unit26 米国で最もbusyな空港は?
予習・復習
について
予習
与えられた課題をきちんとこなすために、授業外でe-learning教材を使った学習を行うこと。
復習
小テストの結果の間違ったところを適宜確認すること。
使用教材
ALC NetAcademy(CALL教材)
参考文献
必要があれば適宜授業中に紹介する。
単位認定
の方法
定期試験 30%
小テスト 20%
課題 30%
授業態度 20%
成績評価基準
毎回のUnitの内容を正しく聞き取り、理解し、それを正確に発することができるか、与えられた授業外の課題をクリアできているかという観点から評価する。
その他1
その他2
参考URL