開講所属全学共通
時間割コード11510402
授業科目名健康の科学(総管)
授業科目名(英文)
科目区分健康スポーツ科学
担当教員坂本 将基
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 1時限
単位数2


概要
「健康」「運動」「生命」「からだ」など生命科学に関わるキーワードに基づき、できるだけ日常生活に関連した話題を取り上げながら、生命のしくみや不思議さ、巧みさに関心を持てるよう解説する。生物の知識がなくとも理解できる「生命科学」の話題を通して、「脳とからだ」に対する興味を喚起する。一話完結型講義。
到達目標
これからの大学生活、社会での生活において、常に「健康な脳とからだ」を意識することができることを目指す。
履修上の注意
毎回紙を配布し出席を取る(履修登録期間終了後)。
講義内容は変更になる場合もある。
出席用紙配布後の遅刻は欠席扱いとする。
成績は試験によって評価するが、6回以上欠席した者は受験資格なし。
授業計画
1. テーマ:概要説明・運動不足の弊害
  内容:運動しないことのデメリットは何か?
2. テーマ:健康と栄養
 内容:栄養素の仕事を学ぶ
3. テーマ:肥満とダイエット1
  内容:食事制限のダイエットを考える
4. テーマ:肥満とダイエット2
  内容:どんな運動をどれくらいやればやせるのか?
5. テーマ:筋力トレーニング
  内容:筋肉をつける方法とその意義
6. テーマ:生活習慣病
  内容:生活習慣病の原因と対策を考える
7. テーマ:睡眠と健康
  内容:睡眠の仕組みと役割を学ぶ
8. テーマ:環境と身体
 内容:環境によって体はどのように変化するのか?
9. テーマ:運動とメンタルヘルス
 内容:運動は精神にも良い
10. テーマ:老化に伴う身体の変化
 内容:年をとっても元気な体でいるための運動
11. テーマ:健康についての怪しい話
 内容:健康に関する常識と非常識
12. テーマ:健康に関する情報にだまされないために
 内容:論理的に考えるトレーニング
13. テーマ:脳のはなし1
 内容:脳の勝手な解釈を学ぶ
14. テーマ:脳のはなし2
 内容:こころとからだの関係を考える
15. テーマ:つながりのある世界
  内容:他社や社会の影響を受ける健康や行動
予習・復習
について
各回、テーマに関連する文献や記事にあたって、事前知識を得ておくことが望ましい。また、受講後は、さらに自学を進めて欲しい(特に興味を持ったテーマについては)。
使用教材
原則、毎回資料を配付する。
参考文献
必要に応じて紹介する。
単位認定
の方法
定期試験(主として論述式)の成績によって評価する。
成績評価基準
興味を持ったテーマについては、自分なりの問題設定ができ、問題解決のための方策について考え実践できること。また、その結果に基づき、論理的に自分の意見を伝えることができることをもって評価する。
その他1
その他2
参考URL