開講所属全学共通
時間割コード12310101
授業科目名哲学の基礎
授業科目名(英文)
科目区分人間と文化
担当教員平岡 隆二
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 水曜日 3時限
単位数2


概要
西洋哲学の基本的な概念と問題について、その歴史を踏まえた理解を身につけることを目標とする。また文学や芸術など他分野における哲学的な問題群についても合わせてとりあげる。
到達目標
古今の哲学者が取り上げてきた概念や問題群について、その歴史や文化・社会的な背景も踏まえた理解を身につけることを目標とする。
履修上の注意
前提知識は特に必要としないが、幅広い興味関心と問題意識を持ってのぞむこと。
授業計画
1.ガイダンス:授業計画、到達目標、評価基準など
2.古代ギリシア1:タレスからプラトンまで
3.古代ギリシア2:アリストテレスとその哲学
4.中世1:キリスト教とその影響、イスラーム哲学
5.中世2:スコラ哲学、トマス・アクィナス
6.近代1:大陸合理主義、デカルト、心身二元論
7.近代2:イギリス経験論、ロック、バークリー
8.共産主義1:前史、マルクス、共産党宣言
9.共産主義2:唯物史観、影響と展開
10.生命観の変遷1:ダーウィン、進化論
11.生命観の変遷2:社会ダーウィニズム、優生学
12.構造主義1:ソシュール、レヴィ・ストロース
13.構造主義2:フーコー、言説
14.現代の哲学と科学1:ポスト構造主義、カルチュラル・スタディーズ
15.現代の哲学と科学2:原発とメディア
予習・復習
について
講義で紹介した参考文献等を積極的に読むこと。
使用教材
講義で適宜指示・配布する。
参考文献
講義で適宜指示・配布する。
単位認定
の方法
平常点(20%)、定期試験(80%)
成績評価基準
講義で取り上げた概念や問題群について、文化的・社会的な背景とともに、的確に理解できているかどうかを判断・評価する。
その他1
その他2
参考URL