開講所属全学共通
時間割コード12710901
授業科目名人間と植物生産
授業科目名(英文)
科目区分自然と環境
担当教員松添 直隆
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 3時限
単位数2


概要
植物の進化をたどりながら、地球の歴史において植物が果たしてきた役割について紹介する。また、我々の暮らしと植物生産との関わりについて解説する。さらに、植物生産の現状と問題点、今後の植物の利用や生産のあり方について、資源・環境問題の視点から論究する。
到達目標
本講義では、植物生産を通して現代社会における食・農・環境の関係の重要性を理解することを到達目標とする。
履修上の注意
高校で学ぶ基礎生物学を理解しておくこと
授業計画
第1回 ガイダンス
第2回 地球の歴史と植物の役割
第3回 植物の系統と分類(1):コケ植物、シダ植物
第4回 植物の系統と分類(2):シダ種子植物、裸子植物
第5回 植物の系統と分類(3):被子植物とその多様性
第6回 植物の系統と分類:まとめ
第7回 人類の進化
第8回 栽培植物の起源と農耕の起源
第9回 農作物の基礎知識
第10回 お米と穀類と豆類の基礎知識
第11回 野菜の基礎知識
第12回 植物生産と人口と食事 (1):世界
第13回 植物生産と人口と食事 (2):日本
第14回 植物バイオテクノロジーと遺伝子組み換え食品
第15回 熊本の農業の現状と課題
予習・復習
について
第2回 地球の歴史について調べておくこと
第3回 コケ植物、シダ植物について調べておくこと
第4回 シダ種子植物、裸子植物について調べておくこと
第5回 被子植物について調べておくこと
第6回 植物の進化について調べておくこと
第7回 人類の進化について調べておくこと
第8回 日本の農業について自分の考えをまとめておくこと
第9回 最も関心がある農作物について調べておくこと
第10回 お米について調べておくこと
第11回 最も関心がある野菜について調べておくこと
第12回 世界の人口と日本の人口の変化について調べておくこと
第13回 世界の人口と日本の人口の変化について調べておくこと
第14回 遺伝子組み換え食品について自分の考えをまとめておくこと
第15回 熊本の農業について調べておくこと
使用教材
プリント、ビデオ、植物など
参考文献
講義中にその都度紹介する.
単位認定
の方法
毎回提出するレポート並びに試験(ノート持ち込み可)を単位認定の基準とする。
成績評価基準
植物について、以下の項目について理解していることを評価基準とする。
(1)植物の進化(30点)
(2)植物の特性とその利用方法(30点)
(3)食と農業と環境との関係(20点)
(4)世界と日本の食と農業の現状と未来(20点)
その他1
その他2
参考URL