開講所属環境共生学部
時間割コード13100542
授業科目名情報処理実習(居)
授業科目名(英文)Introduction to Information Processing
科目区分情報処理実習
担当教員宮里 明日香
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 1時限
後期 水曜日 2時限
単位数1


概要
 この実習では,「情報処理入門」で学習したパソコンの機能を,より実践的に用いることができるよう訓練し,パソコンスキルを身に着けることを目標とする。
 Office系アプリケーションソフト(Word, Excel, PowerPoint)やWindowsパソコンに搭載された便利な機能を用いて課題に取り組み,ルールに基づいた形式,効果的な表現,情報の整理,問題解決法など,全15回の実習を通して実践的なパソコンの使い方を学ぶ。
到達目標
 MOS試験(マイクロソフトオフィススペシャリスト),CS技能評価試験(2-3級レベル)の合格レベルを到達目標とする。
履修上の注意
 実習を受けて次課題へと進むため,継続受講が望まれる。病欠などがある場合は,必ず休講回の学習および課題に個別で取り組むこと。
授業計画
 毎回,アプリケーションソフトの各機能の復習を行い,課題の作成に取り組む。今後の授業および実社会において必要となる機能操作や表現等を含めた課題を課す(図表作成,案内状・ポスター作成,住所録作成,宛名印刷,論文・レポート・メール作成と要点整理など)。

▼第1-3回
<情報の整理と問題解決法>
・効率よくパソコンを操作するための画面操作や設定
・情報の検索と整理(文献検索,URLの操作,フォルダとファイル名の付け方,ファイルおよび写真の整理,写真印刷等)
・拡張子の機能と種類(ワープロ・テキストファイル,表計算・データベース,画像・描画等)
・ヘルプ等の活用(キーワード検索,参考文献の活用等)
・Office系アプリケーションソフトの共通操作

▼第4-8回
<Wordによる文書作成および高度な機能の習得>
・Microsoft Wordの基本操作(Wordの起動と終了,キーの機能とマウス操作,画面の名称,文書の作成手順等)
・文書の入力と編集(文字の削除,文字の挿入,文字の移動と複写,文字の揃え,字下げ,文字の修飾等)
・ファイルの保存と印刷(ファイルの保存と読み込み,ファイルの印刷等)
・応用文書の作成 数式エディタによる数式作成(ページレイアウトの設定,段組み,表の作成,図の作成と利用,数式エディタ等)

▼第9-12回
<Excelによる数値変換および各種高度な機能の習得>
・Microsoft Excelの基本操作(Excelの起動と終了,画面の名称,マウスおよびキー操作等)
・表計算機能(ワークシートへの入力,四則演算,関数等)
・ファイルの保存と印刷(ファイルの保存と読み込み,ファイルの印刷等)
・グラフ作成機能(グラフの種類,グラフの元データ変更,グラフオプション等)
・その他の機能(データの並べ替え,データの抽出等)
・Wordとの連携(宛名差し込み,オブジェクトの貼り付け・埋め込み・リンク等)

▼第13-15回
<画像処理およびプレゼンテーション技法の習得>
・デジタル画像の取り扱い(画像解像度の変更,画像サイズの変更,画像の圧縮,ファイル形式,画像処理の基礎等)
・PowerPointを用いたプレゼンテーション(スライド作成,アニメーション,スライドショー,印刷等)
予習・復習
について
<予習>
 次回テーマのアプリケーションについて,基本的な用語,操作手順について,関連サイトや教本を用いて,一通り確認しておくことを推奨する。

<復習>
 毎回課題を出す予定。期限までに提出すること。
 課題は,スキルを身につけるために,短時間で仕上げることが可能となるよう,繰り返し取り組むことを勧める。
使用教材
プリント及びデータ配布
参考文献
配布資料(プリント及びデータ)
関連サイト
単位認定
の方法
課題の提出,学習態度などを総合的に評価する。
成績評価基準
提出された課題の完成度(形式は守られているか,指示通りになっているかなど),実践的なパソコンスキルの習得度(機能を使いこなすことができているかなど)によって評価する。
その他1
その他2
参考URL