開講所属文学部
時間割コード33101201
授業科目名日本語学概論II
授業科目名(英文)Introduction to Japanese Linguistics II
科目区分学部共通科目
担当教員半藤 英明
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 4時限
単位数2


概要
日本語への意識・関心、および、日本語を学ぶ意欲・自覚を高めることを目的に、日本語に関する従来の研究成果をテーマ別に概観する。
到達目標
・日本語学がいかなる学問であるかを知る。
・日本語学を学ぶ意義を理解する。
・日本語におけるさまざまな言語事象にかかる基礎的知識を習得する。
履修上の注意
・パワーポイントによる講義形式。
・アクティブ・ラーニングを取り入れることがある。
・テキストは使用しない。
・授業内容をノートにとること。また、自発的、積極的にメモを取ること。メモを取る作業は物事を整理して理解する態度を育み、これを効率よく行うことで表現力が高まる。
授業計画
第1回 世界の中の日本語:日本語と社会状況、日本語教育の役割
第2回 音韻:音節、拍
第3回 音韻:音韻の歴史、アクセント・イントネーション
第4回 語彙:基本語彙・基礎語彙、語彙の類別
第5回 語彙:語構成、辞書
第6回 意味:意味の基本認識、語・句・文・文章の意味
第7回 文法:考える文法、日本語の文法的特徴
第8回 文法:単語・文の分類と文法の体系性
第9回 表現・文体:区別と特徴
第10回 表現・文体:分析で得られるもの
第11回 文字・表記:種類と傾向
第12回 文字・表記:分析で得られるもの
第13回 言語生活:言語の社会性、コミュニケーション論
第14回 言語生活:ことばの豊かさと重要性に気付く 
第15回 日本語学を学ぶ意義、ことばを学ぶ意味
  
予習・復習
について
予習
第1回 日本語について、どのような問題があるか考えておく
第2回 音声言語の特性について考えておく
第3回 音声言語の地域差について考えておく
第4回 どのくらいの数の日本語を知っているかを推測しておく
第5回 どのような辞書(事典)があるかを調べておく
第6回 意味とは何かを考えておく
第7回 文とは何かを考えておく
第8回 文が表しているものが何かを考えておく
第9回 好みの文芸作品名とその作者名を確認しておく
第10回 自分の表現に見られる特徴を考えておく
第11回 文字の種類を確認しておく
第12回 縦書き・横書きのメリット・デメリットを考えておく
第13回 情報社会のメリット・デメリットを考えておく
第14回 自分がどのような表現活動を行っているかを振り返っておく 
第15回 日本語を学ぶメリットを考えておく

復習
各回とも授業時間の最後に示す「まとめ」に沿って授業内容をノートにまとめておく
使用教材
適宜プリント(教材・資料)を配布する。ノートに貼り付けるなどして整理、保存しておくこと。
参考文献
学習効果を高めるものとして『概説日本語』(明治書院¥2,500)、『概説日本語』(朝倉書店、¥2,700)、『展望 現代の日本語』(白帝社、¥2,060)などの概説書(入門テキスト)があり、適当なものを選んで自学自習するとよい。なお、専門的な文献として以下を挙げておく。
・『日本語の世界』1-16(大野晋他編、中央公論社)
・『言語の科学』1-11(大津由紀雄他編、岩波書店)
・『国語学大辞典』(東京堂)、『国語学研究事典』(明治書院)、『日本語大事典』(朝倉書店)
単位認定
の方法
授業内容のアチーブメントを問う学期末試験による。
成績評価基準
到達目標のうち基礎的知識について問う試験(100点)の理解度により、秀、優、良、可で評価。60点未満は不可。
その他1
その他2
参考URL