開講所属文学部
時間割コード33102201
授業科目名日本語史II
授業科目名(英文)History of Jananese Language II
科目区分学部共通科目
担当教員米谷 隆史
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 月曜日 2時限
単位数2


概要
 主に、日本語の音韻の歴史について学びます。
 録音機器による日本語の記録は百数十年程前のものがあるだけです。したがって、まずは、過去の日本語の音を知らせてくれる文献資料としていかなるものがあるのかを理解しなくてはなりません。
 もちろん、例えば同じ平仮名で書かれていても、過去の「さ」が現代の「さ」とが同じであるという保証はありません。いくつかのケーススタディーを通して、文献上の記述から音を推測する方策を学びます。
到達目標
日本語史上の音韻変化をできるだけなだらかな変化の歴史として、的確な文章で説明できるようになることを本講義の目標とします。
履修上の注意
1.日本史の基礎知識を確認しておくこと。
2.日本語学概論・日本文法における学習内容を理解していることを前提に講義を進める。基礎知識の記憶に不安がある場合は、概論で使用した教科書を持参し、適宜に参照しながら講義に望むこと。
3.この授業に限らず、参照する文献の一次的な姿について常に関心を抱いておくこと。
授業計画
第1回 現代日本語の音韻(1)
内容:音声と音韻の違いや音声記号について復習します。
第2回 現代日本語の音韻(2)
内容:現代日本語の音韻体系や国内各地域における音韻の相違について概説します。
第3回 上代特殊仮名遣と語構成
内容:所謂「上代特殊仮名遣」のイ列とエ列と語構成における露出形・被覆形との関係について概説します。
第4回 上代特殊仮名遣と活用
内容:第3回目の内容を踏まえて、活用語の各活用形の語末母音の分布が意味するところを考えます。
第5回 オ列の上代特殊仮名遣について
内容:上代特殊仮名遣のオ列の区別について、イ・エ列とは異なった要因によって生じていることを確認します。
第6回 萬葉集における字余りと日本語の音節構造
内容:字余りの研究史を概説した上で、この現象が古代日本語の音韻を考える上で、どのような意義があるのかを考えます。
第7回 「いろは歌」と「五十音図」の意義
内容:平安期から鎌倉期に作成された種々の音図を紹介し、それらが作成された目的を踏まえ、音韻資料としての史的位置づけを考えます。
第8回 「ハ行転呼音」の実現とその背景(1)
内容:『在唐記』から『捷解新語』まで、国内外の資料を用いてハ行音の変遷について検討します。
第9回 「ハ行転呼音」の実現とその背景(2)
内容:「ハ行転呼音」が起こった背景と、パ行音の成立及び「半濁点」が確立してきた経緯について考えます。
第10回 「四つ仮名」の合一とその背景(1)
内容:「ハ行転呼音」検討時の資料等を用いて、サ行・タ行子音の変遷をたどり、「四つ仮名」合一の背景を考えます。
第11回 「四つ仮名」の合一とその背景(2)
内容:『和字正濫抄』『蜆縮凉鼓集』等の仮名遣書や謡曲本にみる「四つ仮名」への言及の意義についても検討します。
第12回 近代の音韻資料
内容:『和英語林集成』等、近世末から近代にかけて相次いで来日した欧米人が関与した日本語の記録を紹介し、そのローマ字綴りを参考にしつつ、当時の音韻状況を考えます。併せて、近代に作成された五十音図のバリエーションについても解説します。
第13回 アクセント史をめぐって(1)
内容:『類聚名義抄』や『古今和歌集』声点本等の現存するアクセント史資料について概説し、その資料性を踏まえた上で、京阪方言におけるアクセントの史的変遷を概観します。
第14回 アクセント史をめぐって(2)
内容:アクセントの研究が日本語史の研究にどのように寄与するのかを考えます。
第15回 まとめ
内容:これまでの授業内容を総括し、音韻史の流れを再確認します。

受講者の理解度と関心及び研究の動向により、内容や順序を若干変更することがあります。
予習・復習
について
次回の講義に向けた参考文献を配布することがあります。
文献は異なっても、その記述の意味を丁寧に読み解くことの大切さは同じです。復習の際には、音韻史そのものの知識だけではなく、文献に記された事象を解釈していく手法をも重視すること。
使用教材
『国語史を学ぶ人のために』木田章義編(世界思想社)
その他適宜資料を配付します。
参考文献
『亀井孝論文集 3・4』亀井孝(吉川弘文館)
『講座国語史 音韻史・文字史』(大修館書店) 絶版
『日本語音韻音調史の研究』 金田一春彦(吉川弘文館)
『日本語音韻史・アクセント史論』 秋永一枝(笠間書院)
『日本語史のインタフェース』(岩波書店)
単位認定
の方法
到達目標の達成について、下記1と2の観点で判断して評価します。
1 学期末試験の点数を90パーセントとします。
2 毎回の講義終了時に質問・感想記入用のカードを配布します。講義内容の発展や理解につながる有益かつ具体的な記述に対して、全体の成績の10パーセントを上限に加点します。
成績評価基準
試験については、各問とも、問題の所在を理解し基本的な推論の流れに添った説明ができていることを以て6割の得点とし、用例や因果関係に基づく分析を適切に援用して説明しているか否かによって加点分を判断します。
その他1
その他2
参考URL