開講所属文学部
時間割コード33104201
授業科目名日本文法II
授業科目名(英文)Japanese Grammar II
科目区分学部共通科目
担当教員佐藤 友哉
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 2時限
単位数2


概要
古典語と現代語の様々な文法的テーマを取り上げる。各テーマの考察を通じ、日本語の文法が単なる法則を示すだけでなく、私たちのものの見方・考え方を知る手掛かりとなることを学ぶ。
到達目標
・係り結びの起源と消滅を理解する。
・日本語における助詞・助動詞の重要性を理解する。
・受身、使役、否定、命令に見られる法則、特徴を理解するとともに、それらを通じて日本人の発想方法を論じられるようになる。
・通時的観点と共時的観点の二つから文法を論じられるようになる。
履修上の注意
毎回、意見・質問・感想などを記入する出席カードを配布する。学習の到達度をはかる小テストを実施することがある。
授業計画
・第1回~第6回 古典語
第1回 係り結び:起源と表現性
第2回 係り結び:消滅の理由
第3回 助動詞:音声と意味の関連
第4回 助動詞:接続と意味の関連、相互承接
第5回 助動詞:時の捉え方、現代語との比較 
第6回 助詞「が」の歴史
・第7回~第14回 現代語
第7回 格と用言:格とは何か
     第1回~第6回までの復習問題(論述式)
第8回 格と用言:用言との関わり、係助詞、副助詞との比較
第9回 視点論:視点論とは。視点の観点からみる受身文
第10回 視点論:視点の観点からみる授受表現
第11回 名称(形式)と意味:使役
第12回 名称(形式)と意味:命令
第13回 否定:「否定」を発話するための条件
第14回 オノマトペ:日本語のオノマトペ(擬声語、擬態語)の特徴
第15回 文法研究:テーマと方法論
予習・復習
について
予習は各テーマについて、意味を調べ、具体例を考えておくことが望ましい。復習は、ノートの見直し、関連する文献を読むことで、理解を深めること。
使用教材
適宜、プリントを配布する。
参考文献
・『日本語の文法を考える』(大野晋著、岩波新書)
・『日本語文法の発想』(森田良行著、ひつじ書房)
・『国文法講義』1-6、別巻(山口明穂編、明治書院)
・『古典文法必携』(山口明穂編、学燈社)
・『係助詞と係結びの本質』(半藤英明著、新典社)
単位認定
の方法
授業内容の理解を問う学期末試験による。
成績評価基準
到達目標に関する知識を問う試験(100点)の理解度により、秀、優、良、可の評価。60点未満は不可。
その他1
その他2
参考URL