開講所属文学部
時間割コード33113101
授業科目名中世文学特殊研究I
授業科目名(英文)
科目区分特殊研究
担当教員鈴木 元
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 火曜日 3時限
後期 火曜日 3時限
単位数4


概要
 文献資料調査法の理解から論文執筆の基礎まで。
 論文(レポートを含む)作成までの文献探索、用例の収集、課題に応じた調査法の習得からはじめ、標準的な日本古典文学の研究論文の様式や論証の仕方を学ぶ。
 なお、キャリア形成の一環として、データの収集、分析、まとめの能力の育成を目標とするものでもある。
到達目標
・個々の関心にあわせた問題設定ができる。
・課題にあわせた情報収集ができる。
・論文執筆の基礎を身につける。
履修上の注意
 4年生については卒業論文指導を含む。受講にあたっては、扱うテーマ(あるいは分野)のイメージまでは用意しておくこと。3年生についても、授業・読書の関心を基礎として漠然とでも論題をイメージして履修をすること。
授業計画
1.ガイダンス
2.論文・レポートの形式について
3.論文の文章を読む(1)
4.論文の文章を読む(2)
5.論文の文章を読む(3)
6.文献資料調査法概説(1)
7.文献資料調査法概説(2)
8.論文検索法
9.資料、論文の複写入手法
10.調査、資料収集の作業(1)
11.調査、資料収集の作業(2)
12.調査、資料収集の作業(3)
13.調査、資料収集の作業(4)
14.中間発表(1)
15.中間発表(2)
16.卒業論文中間報告(1)
17.卒業論文中間報告(2)
18.論文の様式について
19.論証の方法
20.主題の設定
21.執筆の実践(1)
22.執筆の実践(2)
23.執筆の実践(3)
24.経過報告(1)
25.経過報告(2)
26.追加の資料調査(1)
27.追加の資料調査(2)
28.発表(1)
29.発表(2)
30.発表(3)
予習・復習
について
 各自で集めた論文は、授業時間外に読んでおくこと。
使用教材
 必要に応じプリントを配布。
参考文献
 扱うテーマ、題材ごとに各人に指示する。
単位認定
の方法
 レポートと受講態度により評価する。
成績評価基準
問題の設定が妥当か、調査は十分か、論理的な文章か、論文の書式になっているかの各点から評価。
その他1
その他2
参考URL