開講所属文学部
時間割コード33136101
授業科目名漢文学史
授業科目名(英文)History of Classical Chinese Literature
科目区分日本文学
担当教員鈴木 元
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 水曜日 4時限
単位数2


概要
 日本語の形成に深い関わりをもつ「漢文」という文体、その史的変遷を追いながら、代表的な作品を読む。また訓読と読解について、一定の能力を身に付けるようにすることを目的とする。
到達目標
・日本文としての漢文を理解する。
・その史的変遷について理解する。
・訓読と読解の能力を身に付ける。
履修上の注意
特になし
授業計画
1.「漢文学」の考え方とその意味
2.漢文訓読とその方法
3.漢文助字の訓法
4.漢文表現の訓法
5.日本の漢字音
6.漢文の修辞法
7.漢詩を読む
8.和化漢文とは
9.日本漢文を読む
10.史書、伝記を読む
11.説話を読む
12.古記録を読む
13.近世日本漢文を読む
14.近代日本漢文を読む
15.和刻本
予習・復習
について
 本来は中国語で書かれていたものを日本語として読むのであるから、訓読になじむためには相応の努力を要する。テキストの予習・復習が大事になる。
使用教材
日本語ライブラリー『漢文資料を読む』(朝倉書店)2700円+税
参考文献
森岡健二『日本語と漢字』(明治書院)
金文京『漢文と東アジア』(岩波新書)
川合康三『漢詩のレッスン』(岩波ジュニア新書)
単位認定
の方法
試験による。
成績評価基準
講義内容の理解度、および修得した訓読・読解の能力の程度により判定する。
その他1
その他2
参考URL