開講所属文学部
時間割コード33150601
授業科目名古代文学史(14年度以前)
授業科目名(英文)History of Japanese Literature of the Classical Period
科目区分日本文学
担当教員中井 賢一
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 2時限
単位数2


概要
  日本古代文学の発生から成熟に至る過程を、具体的本文を読解しつつ通史的に追う。
  物語と和歌に焦点を絞り、作品成立の史的、あるいは社会的背景について、作品内容と共に講ずる。なお、適宜作品本文の解釈について分担し、調査発表を行う。
到達目標
 日本古代文学史の特徴と中世以降の文学史への影響について理解する。
履修上の注意
 作品が成立する背景、必然性を理解した上で、できる限り多くの作品本文を読むよう努めること。但し、規定回数を超えて欠席した場合は、評価の対象としない。
授業計画
1.講義概要の説明・文学の発生―古代前期概説― 
2.神話と記載文学―記紀―1
3.神話と記載文学―記紀―2
4.記紀歌謡と万葉集1
5.記紀歌謡と万葉集2 
6.国風暗黒時代と国風文化―古代後期概説―
7.公的文学としての和歌―『古今集』から千載集』―1
8.公的文学としての和歌―『古今集』から『千載集』―2
9.物語の発生―歌物語と伝奇物語―1
10.物語の発生―歌物語と伝奇物語―2
11.物語の発生―歌物語と伝奇物語―3 
12.物語の展開―『源氏物語』と後期物語―1
13.物語の展開―『源氏物語』と後期物語―2 
14.物語の展開―『源氏物語』と後期物語―3 
15.まとめ・古代文学の特徴と中世への影響
予習・復習
について
〈予習〉 下記使用教材を通読しておくこと。解釈担当者は、予め責任を持って資料作成に当たること。
〈復習〉 復習シートに必要事項を記入の上、提出すること。
使用教材
『日本古典文学史』 乾安代ら編 暁印書館(双文社出版)(1700円)
参考文献
 適宜指示する。
単位認定
の方法
 定期試験40%、レポート20%、調査発表20%、復習シート10%、口頭試問10%とする。
成績評価基準
  日本古代文学史ならではの特徴を理解しているか。日本古代文学の中世以降の文学史への影響について理解しているか。
その他1
その他2
参考URL