開講所属文学部
時間割コード33152101
授業科目名近代文学史
授業科目名(英文)History of Japanese Modern Literature
科目区分日本文学
担当教員五島 慶一
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 5時限
単位数2


概要
 文芸(文学)作品の創作という行為は、第一義的には個人の関心・動機づけに基づいてなされるものであるが、(特にその発表ということを前提にした場合)その背後には多く社会・制度的あるいはイデオロギー的な同時代諸事情との関連がある。本講では明治・大正期を中心に、ほぼ時系列に沿って文学史上の幾つかの項目を追いつつ講義を進める。
到達目標
 創作活動の背景として存在する個人及び社会的動機に関して改めて確認することで、作家や作品への理解を深める一助とする。
 近代文学の大まかな流れを、その背景と共に理解できるようになること。
履修上の注意
 固有名や事項の暗記を主目的としての授業ではない。大枠としての流れを把握すると同時に、授業内で紹介する作品や文献を少しでも多く実際に読んで理解を深めてほしい。
授業計画
第1回 ガイダンスと導入「近世から近代へ」(「文明開化」と文学その1)
第2回 「文明開化」と文学その2(戯作者たちの動向)
第3回 新(ニュー)メディア「新聞」と文芸
第4回 続・新聞と文芸(続き物について)
第5回 坪内逍遥と「小説」の誕生
第6回 二葉亭四迷と「浮雲」の位置
第7回 言文一致と「小説」の成立・明治文学第一世代の不遇
第8回 尾崎紅葉と硯友社、幸田露伴の活躍
第9回 紅葉の弟子たち(泉鏡花ほか)
第10回 日清戦後文学の様相・自然主義序説
第11回 日本型自然主義の発生(田山花袋の登場まで)
第12回 日本型自然主義の展開(島崎藤村の場合)
第13回 夏目漱石
第14回 森鴎外
第15回 明治から大正へ
予習・復習
について
 プリントにて、次回言及する素材の一部を配布する。それには必ず目を通して授業に臨むこと。
 尚、近代(日本なら明治以降)の(一般的な)歴史の流れを押さえておくと、講義理解の助けとなるだろう。
使用教材
毎回プリントを配布する。
参考文献
年表の会編『近代文学年表』(双文社出版 一九八四)
浅井清・佐藤勝編『日本現代小説大事典』(明治書院 二〇〇四)
小田切秀雄『日本文学の百年』(東京新聞出版局 一九九八)
前田愛・長谷川泉編『日本文学新史 近代』(至文堂 一九九〇)

他は講義の中で示す。
単位認定
の方法
期末試験。但し、授業への参加態度を加味する。
成績評価基準
授業で触れた各項目についてきちんと理解しているか。それについて自らの手で再整理することができるかを問う。
その他1
その他2
参考URL