開講所属文学部
時間割コード33162201
授業科目名日本語教授法IV
授業科目名(英文)Methodology of Teaching Japanese as a Foreign Language IV
科目区分学部共通科目
担当教員島本 智美
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 3時限
単位数2


概要
日本語教授法Ⅳでは中・上級レベルの日本語学習者に対する指導法を考えます。指導に際しての重要ポイントを押さえながら指導案及び副教材を作成し、模擬授業を行ってもらいます。模擬授業後は振り返りを行い、授業活動の改善に役立ててもらいます。
到達目標
1. 中・上級の学習項目の分析ができるようになる。
2. 授業計画が立てられるようになる。
3. 中・上級レベルの日本語学習者に対する基礎的な教授能力を身につける。
履修上の注意
日本語教授法Ⅲが履修済みであることが望ましいですが、未履修の場合は日本語教授法Ⅲの参考文献に目を通したうえでの履修をお勧めします。
授業計画
第1回 オリエンテーション(授業計画、履修上の注意、評価の仕方などの説明)
     /日本語能力試験・日本留学試験他
第2回 授受表現の教え方
第3回 受身・使役・使役受身表現の教え方
第4回 敬語の教え方
第5回 助詞のまとめ
第6回 聴解・作文の指導法(日本留学試験より)
第7回 誤用が多くみられる文法項目
第8回 生教材の活用
第9回 授業の実際(視聴覚教材)
第10回 模擬授業の担当決めと準備①指導案作成
第11回 模擬授業の準備②指導案と副教材の作成
第12回 模擬授業の準備③副教材の作成とリハーサル
第13回 模擬授業グループ1
第14回 模擬授業グループ2
第15回 模擬授業の振り返りとまとめ
予習・復習
について
予習、復習として適宜課題を出します。
使用教材
自作のプリントを配布します。
参考文献
『みんなの日本語中級Ⅰ教え方の手引き』スリーエーネットワーク
『中級日本語文法と教え方のポイント』市川保子 スリーエーネットワーク
単位認定
の方法
期末試験、模擬授業、授業への参加度、課題の提出
成績評価基準
期末試験30%、模擬授業50%、授業への参加度10%、課題の提出10%
その他1
その他2
参考URL