開講所属文学部
時間割コード33316401
授業科目名Research Writing Ia
授業科目名(英文)Research Writing I
科目区分現代英語運用
担当教員吉井 誠
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 木曜日 4時限
単位数2


概要
 Research Writing では、Paragraph WritingやCollege Writingの授業を通して身につけた知識と技術をもとに、英語で学術論文を執筆するための方法を、体験しながら学ぶ。学術論文とは何かを知ることから始め、論文の題材を選び、トピックを決め、調査し、証拠をもとに、自分自身の意見を、論理的に発展させていく。論文の規則、文献収集の方法を学び、論文に求められる構造、議論の進め方を身につけることを目指す。
到達目標
 この授業では、自分自身で論文のトピックを発見し、調査研究に基づいて自分自身の論を立て、論理と形式に基づいて、適切な英語で学術論文を完成させるために、以下の点を身につけることを目標とする。
(1) 論文のテーマを自分自身で見つける力をつける。
(2) 論文の構成について理解する。
(3) 自分自身の考えを論理的に英語で表現する。
(4) 先行研究や参考文献を正しく取り扱う。盗作や剽窃を避ける能力と知識を養う。
履修上の注意
・授業回数の3分の2以上に出席する。30分以上の遅刻は欠席とみなす。
・授業には英英辞典を含む英語辞典類を持参すること。
・課題には自主的に取り組み、期限までに提出すること。
授業計画
主に3つのブロックに分かれている。

1st Block (トピックとアウトラインの作成)
1. Introduction・トピック探し(1)
2. トピック探し(2)、テーマの絞り込み
3. 資料・データの収集
4. アウトラインの作成
5. 発表1:論文の骨子について

2nd Block (論文執筆)
6. 序論・結論
7. Body(1)
8. Body(2)
9. Body(3)
10. 発表2:論文の内容の紹介

3rd Block (修正)
11. 修正箇所の把握
12. 修正(1)
13. 修正(2)
14. 発表3(1):論文の内容についての最終発表
15. 発表3(2):論文の内容についての最終発表

上記のスケジュールはあくまでも予定であり、進捗状況などにより変更の可能性がある。
予習・復習
について
・課題には十分な時間を取って取り組むこと。
・提出期限を厳守すること。
使用教材
・授業中に指示する。
参考文献
・大学生レベルの学習用英和・和英辞典
・英英辞典(Oxford, Longman, Random House などが入手しやすい)
・英語類語辞典、表現辞典、Visual Dictionaryなど
・国語辞典
・そのほか、必要に応じて指示する。
単位認定
の方法
ペーパーのドラフト、課題、授業参加、発表、最終論文を総合して評価する。
成績評価基準
上記の目標に対する到達度、すなわち、(1) 論文のテーマを自分自身で見つけることができるか、(2) 論文の構成について理解しているか、(3) 考えを論理的に英語で表現できるか、(4) 先行研究や参考文献の適切に取り扱えるかに関して判断する。
その他1
その他2
参考URL