開講所属文学部
時間割コード33316701
授業科目名言語表現と翻訳技法II
授業科目名(英文)
科目区分現代英語運用
担当教員難波 美和子
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 1時限
単位数1


概要
 翻訳を行うことの意味や翻訳によって何が起こるのかを理解し、単なる語彙の置き換えではなく、本来の「意味」を伝える翻訳とは何かを考え、実習する。
 英語、日本語の特性と文化的背景を理解し、翻訳の不可能性に直面しつつ、相互理解のための翻訳の可能性を探る。さまざまなジャンルにおける文体・語彙の違いに目をくばり、理解しやすい翻訳文の創出を目指す。
到達目標
 ・さまざまなジャンルや文体に適した翻訳が行える表現力を身につける。
 ・日本語・英語双方の語彙力、歴史・文化のみならず、時事問題についての語彙力を身につける。
履修上の注意
・必ず予習をして授業に出席する。予習に用いたノート、辞書を授業にも持参する。
・翻訳文は必ず読み直し、適切な表現になるように書き直すこと。
・日常から意識して文章を読むように努め、日本語、英語のさまざまな表現に親しむ。多様な情報に関心を持つ。
・総授業数の3分の2以上の出席を必須とする。
授業計画
1 Introduction :授業の進め方・翻訳の問題
2 日本語から英語へ/英語から日本語へ
3 Too Many Conrad 
4 Subtitles, the Traitor?
5 Cool Japan?
6 Onomatopoeia
7 World News
8 Natural History
9 Literature (1)
11 Literature (2)
12 Literature (3)
13 Literature (4)
14 Literature (5)
15 まとめ:Lost in Translation
予習・復習
について
・課題を準備して授業に出席すること。予習に際しては、語彙を単に移すのではなく、英和・和英・英英・国語辞典等を活用し、表現を工夫すること。
・授業後には、より読みやすく、すぐれた表現になるように推敲を行う。
使用教材
授業中に指示する
参考文献
・諸種の英和大辞典、和英大辞典、英英辞典、国語辞典
・『新英和活用大辞典』研究社
・柴田元幸『翻訳教室』新書館、2006
・平子義雄『翻訳の原理』大修館書店、1999
・マンディ、ジェレミー『翻訳学入門』(鳥飼玖美子 監訳)みすず書房、2009
単位認定
の方法
課題提出(40%)、レポート(20%)、期末試験(40%)
成績評価基準
授業での翻訳への取り組みがなされているかと上記の到達目標の達成度
その他1
その他2
参考URL