開講所属文学部
時間割コード33548101
授業科目名言語学演習I
授業科目名(英文)
科目区分演習
担当教員村尾 治彦
開講年次3年生
学期・曜日・時限前期 木曜日 2時限
単位数2


概要
 本演習は、「認知言語学」の入門的な文献を読み、内容をレジュメにして発表し、議論を行う。また、関連するトピックについて各自でデータを収集して授業で学んだ知識、手法を用いて分析を行う。
到達目標
 「認知言語学」の使用概念、用語の理解、あるいは、認知言語学が人間の言語の仕組みを明らかにするためにどのような考え方を取り、どのように言語現象にアプローチしているのかなど理論的枠組みを理解する。また、文献の内容を咀嚼し、要点を明らかにしながら、全体の要旨を聞き手に分かりやすく伝えるプレゼンテーションの技術の養成も目指す。
履修上の注意
 本演習は、4年次の「特殊研究(卒論研究)」に繋げるための基礎的な知識、技術の習得の場として位置づける。使用文献のデータ(例文)は英語及び日本語を中心とする。そのことを理解した上で、しっかり履修計画をたてること。
全出席を前提とし、欠席は平常点として減点する。
授業計画
 授業は演習形式で行い、毎回担当者の発表および発表内容に関する議論から構成される。発表は、回によって文献内容の概要解説と関連課題のデータ分析に分けて行う。進度や1回の分量は受講生の人数、レベルに応じて柔軟にきめていく。詳細は以下の通り。

第1回  オリエンテーション
      シラバス説明、スケジュール確認、担当決定
第2回 「カテゴリー化とプロトタイプ」 (概要解説)
第3回 「カテゴリー化とプロトタイプ」 (データ分析)
第4回 「メトニミーとシネクドキ」(概要解説)
第5回 「メトニミーとシネクドキ」(データ分析)
第6回 「メタファー」(概要解説)
第7回 「メタファー」(データ分析)
第8回 「イメージ・スキーマ」(概要解説)
第9回 「イメージ・スキーマ」(データ分析)
第10回 「主体化」(概要解説)
第11回 「主体化」(データ分析)
第12回 「日英表現比較1」(概要解説)
第13回 「日英表現比較1」(データ分析)
第14回 「日英表現比較2」(概要解説)
第15回 「日英表現比較2」(データ分析)
予習・復習
について
予習
  概要解説の回は、授業前に全員文献を熟読し授業に臨むこと。担当者は文献概要のレジュメを作成し、クラスの人数分コピーを用意すること。内容が理解できない箇所は授業までに図書館等で参考文献を参考にしたりして、授業前に解決しておくこと。他の学生は当日の範囲の疑問点、問題点を明らかにして、授業での議論に参加できるようにしておくこと。データ分析の回は、担当者は発表概要のレジュメを作成し、当日クラスの人数分用意すること。
復習
  授業の発表でだされたコメント、質問について整理し、内容の理解を深めること。
使用教材
・『認知言語学―基礎から最前線へ―』高橋・森編 くろしお出版 2,700円
・認知言語学の入門的な文献
但し、受講生の関心、レベル、人数、認知言語学界の最近の動向に応じて使用するテキスト、文献は適宜調整する。

副教材
『ファンダメンタル認知言語学』野村益寛 ひつじ書房
参考文献
『認知言語学の基礎』河上誓作 研究社
『英語の感覚・日本語の感覚』池上嘉彦 NHK出版会
『英語学要語辞典』研究社
『ことばの認知科学事典』大修館
『認知言語学キーワード事典』研究社
『実例で学ぶ認知言語学』リー 大修館
『認知意味論のしくみ』籾山洋介 研究社
『認知言語学-学びのエクササイズ』谷口一美 ひつじ書房
『認知言語学入門』ウンゲラー・シュミット 大修館
『認知文法論』山梨正明 ひつじ書房
『認知言語学原理』山梨正明 くろしお出版
『認知言語学のための14章』テイラー 紀伊国屋書店
『認知文法のエッセンス』テイラー・瀬戸 大修館
単位認定
の方法
・授業での発表 40%
・レポート(学期末)40%
・授業態度 20%
成績評価基準
認知言語学の基本的用語・概念の理解と分析方法の習得が出来ているか、文献概要やデータ分析の結果を自分なりの言葉で他者に分かりやすく説明できるかという観点から評価する。
その他1
その他2
参考URL