開講所属文学部
時間割コード33552201
授業科目名心理学特殊研究II
授業科目名(英文)
科目区分特殊研究
担当教員石井 佳世
開講年次4年生
学期・曜日・時限後期 火曜日 3時限
単位数2


概要
心理学特殊研究Ⅰに続き、収集したデータの集計方法、処理の仕方や分析方法について学び、実行する。また、研究成果のプレゼンテーションを行う。
到達目標
収集したデータを整理し、分析を行い、結果をまとめて考察すること。また、研究成果をわかりやすくプレゼンテーションできること。
履修上の注意
心理学講義及び心理学演習を受講していることが望ましい。心理学特殊研究Ⅰの受講が前提となる。積極的・意欲的に授業に参加すること。3分の2以上の出席が単位取得の最低条件である。
授業計画
(1)オリエンテーション 
(2)収集したデータの整理・処理方法を学ぶ
(3)収集したデータの整理・処理方法を学ぶ
(4)収集したデータの整理・処理方法を学ぶ
(5)データの解釈と再分析
(6)データの解釈と再分析
(7)結果を整理し、研究知見をまとめる
(8)結果を整理し、研究知見をまとめる
(9)先行研究をふまえ、結果について考察する
(10)先行研究をふまえ、結果について考察する
(11)プレゼンテーションの準備
(12)プレゼンテーションの準備
(13)プレゼンテーション
(14)プレゼンテーション
(15)授業の総括
予習・復習
について
必要な事柄は関連する資料や書籍等にあたり、丹念に調べ、理解が不足する部分を補い、研究を進めること。
使用教材
「改訂新版心理学論文の書き方-卒業論文や修士論文を書くために」松井豊(著)河出書房新社(1836円)(ISBN978-4-309-24522-5)
参考文献
授業中に適宜紹介する。
単位認定
の方法
授業への取り組み、プレゼンテーション、卒業論文を総合的に評価する。
成績評価基準
データの整理、処理を適切に行い、得られた知見を卒業論文にまとめ提出すること、そして成果をわかりやすくプレゼンテーションできることを合格基準とする。
その他1
その他2
参考URL