開講所属文学部
時間割コード33554201
授業科目名言語学特殊研究II
授業科目名(英文)
科目区分特殊研究
担当教員村尾 治彦
開講年次4年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 2時限
単位数2


概要
 本授業は、卒業論文執筆を進めていくために必要な段階を踏んで作業が進められるよう、各自のテーマに沿って、自分の研究内容を紹介し、それに基づき全員で議論する。
到達目標
発表した内容に対して他者からのフィードバックを受けながら、研究内容を発展させていく。
また、「言語学特殊研究I」に続いて自ら問題を発掘し、課題を見つけ、それに対する解決策を模索する姿勢を養う。
履修上の注意
 本授業は、卒論執筆に向けた論文指導に関わる授業であるため、前期に「言語学特殊研究I」を受講した者を対象とする。各自の進捗状況、テーマに応じて授業外の個人指導も行う。
全出席を前提としているため、欠席は平常点として減点する。
授業計画
授業は演習形式で行い、毎回担当者の研究テーマに関する分析の報告および報告内容に関する議論から構成される。
 発表では、何をどのように進めていて、発表時点でどこまで進んでいるか、未解決の問題は何か、今後の予定などを、具体的な分析内容を示しながら発表する。他の学生は担当者の発表内容の疑問点、問題点を明らかにして、議論に参加する。
 
第1回     オリエンテーション シラバス説明、スケジュール確認、担当決定
第2回 卒業論文概要発表 Aグループ1回目
第3回 卒業論文概要発表 Bグループ1回目
第4回 卒業論文概要発表 Cグループ1回目
第5回 卒業論文概要発表 Aグループ2回目
第6回 卒業論文概要発表 Bグループ2回目
第7回 卒業論文概要発表 Cグループ2回目
第8回 卒業論文概要発表 Aグループ3回目
第9回 卒業論文概要発表 Bグループ3回目
第10回 卒業論文概要発表 Cグループ3回目
第11回 卒業論文概要発表 人数調整のための予備
第12回 論文ピアレビュー
第13回 論文ピアレビュー
第14回 論文ピアレビュー 
第15回 論文ピアレビュー
予習・復習
について
予習
 各自日頃から自分の研究テーマに沿って着実に作業を進め、授業での報告においてその成果を発表する。担当日には、報告内容をまとめたものをレジュメにして、当日クラスの人数分配布するため、しっかり計画を立てて準備を進めること。
復習
 発表後はもらったコメント等をその後の研究に反映すること。
使用教材
各自の研究テーマに沿った文献を適宜配布する。
参考文献
『認知言語学の基礎』河上誓作編著 研究社
『英語の感覚・日本語の感覚』池上嘉彦 NHK出版会
『英語学要語辞典』研究社
『ことばの認知科学事典』大修館
『認知言語学キーワード事典』研究社
『認知意味論のしくみ』籾山洋介 研究社
『認知言語学-学びのエクササイズ』谷口一美 ひつじ書房
『認知文法論』山梨正明 ひつじ書房
『認知言語学原理』山梨正明 くろしお出版
『認知文法のエッセンス』テイラー・瀬戸 大修館

単位認定
の方法
・授業での発表:40%
(授業での発表には担当以外の議論における発言内容も含まれる。)
・レポート(発表レジュメ及び論文ファイル):40%
・平常点:20%
成績評価基準
自分の研究内容を論理的に分かりやすく他者に説明できるか、質問、コメントに対して適切に答えられるか、また、発表毎に研究が進展しているかという観点から評価する。
その他1
その他2
参考URL