開講所属文学部
時間割コード33566201
授業科目名英文法II
授業科目名(英文)English Grammer II
科目区分英語学
担当教員トウメイ 美穂
開講年次2年生
学期・曜日・時限前期 水曜日 2時限
単位数2


概要
 本講座は、1年次の「英文法I」に引き続き、英語という言語を成り立たせている文法について、体系的な知識を理解し、それを考察することを目的とします。大学1年次までに身につけてきた英語の知識を整理し秩序立てていくと共に、英語の言語現象の背後にある規則性/一般性について考えます。
 文法事項をただ単に暗記するのではなく、どのような理論が想定できるかを考え、それに照らして多くの英語のデータを検証します。また、英語表現を分析的に観察することを通じて、言語学/英語学の研究に必要な基本的概念を理解してゆきます。
到達目標
・英語学、言語学の基本的な考え方、英語の分析のしかたを理解する。
・英文法の基本的用語を理解し、説明することができる。
・ある英文が許容できるか、できないかの判断ができる。
・英文を分析的に観察することができる。
・適切な英文を発信することができる。
履修上の注意
・講義を中心として進めます。教科書・配布プリント以外にも例文や説明を板書しますので、ノートを取る習慣をつけてください。試験問題は授業中の講義内容から出ます。
・共通科目であり、英文法の中核となる基本的事項を取り上げるので、他学科の学生も歓迎します。
授業計画
テキストに沿って進めます。随時小テスト等で文法事項の定着を図りながら
基礎を踏まえて発展的な文法現象について講義します。

第1回     オリエンテーションと小テスト
第2回  文法単位としての語と句及び文(節)
第3回  名詞と名詞句
第4回  名詞と名詞句
第5回  小テストと解説及び復習
第6回  形容詞と形容詞句
第7回  形容詞と形容詞句小テスト
第8回  動詞、句動詞と動詞句とアスペクトの復習(日本語との比較など)
第9回 前置詞と前置詞句
第10回 小テストと解説及び復習
第11回 助動詞
第12回 助動詞
第13回 時制
第14回 助動詞と時制小テストと解説及び復習
第15回    話法 
第16回    試験

・学生の理解度によって進捗状況が変わりますので、上記の計画どおりには進まない可能性もあります。
予習・復習
について
・授業中は集中すること。
・質問があればその場で訊いて下さい。同じように良くわかっていない学生が他にもいるはずです。
使用教材
『マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)』 Cambridge University Press(各自購入すること)
参考文献
・英英辞典を引く習慣をつけてください。
 Longman Dictionary of Contemporary English. 4th ed.   
 Longman.など。

・図書館で「英文法」「英語」といった語句を含む文法解説書などを積極的に読んでみてください。
『謎解きの英文法 冠詞と名詞』『謎解きの英文法 文の意味』『謎解きの英文法 時の表現』『謎解きの英文法 単数か複数か』『謎解きの英文法 否定』など 久野すすむ 高見健一 くろしお出版
『英文法を考える』池上嘉彦 ちくま学芸文庫
『現代英文法講義』安藤貞雄 開拓社
その他、随時授業時に紹介します。
単位認定
の方法
・試験(60点未満は不可)
・課題の提出
成績評価基準
・期末試験などで、上記の「到達目標」が達成されているかを評価します。
その他1
その他2
参考URL