開講所属文学部
時間割コード33567401
授業科目名異文化コミュニケーション論BⅡ(15年度以降)
授業科目名(英文)Cross-cultural CommunicationBII
科目区分学部共通科目
担当教員原 紘子
開講年次2年生
学期・曜日・時限後期 木曜日 3時限
単位数2


概要
Paying particular attention to global media (e.g., television, film, and the Internet), this course aims to offer methods to help students examine various languages and cultures comparatively and analyze some issues in intercultural communication critically. We will build on what was covered in the first semester and explore ways of becoming competent intercultural communicators in the 21st century. 本講義では、グローバル・メディア(テレビ、映画、インターネット等)に注目しつつ、 多種多様な言語および文化を相対的に考察し、異文化コミュニケーションにおける諸問題を批判的に分析する方法を示す。前期の講義を振り返るとともに、21世紀における優れた異文化コミュニケーション実践者になる方法を探る。
到達目標
By the end of the course, students will be able to: (1) enhance their intercultural awareness; (2) examine various languages and cultures comparatively; and (3) gain knowledge and skills necessary to activate intercultural communication. 受講者は、異文化理解を高めることができる。また、さまざまな言語や文化を相対的に考察することができる。さらに、異文化コミュニケーションを活発に行うために必要な知識および技能を身につけている。
履修上の注意
Bring textbook and dictionary to class. Students are required to participate fully in class discussion and exchange ideas. 教科書と辞書を持参すること。この授業では、ディスカッションへの積極的な参加が求められる。
授業計画
Week 1: Reviewing what was covered in the first semester 前期授業の振り返り
Week 2: Cultural identity: Focusing on gender, race, and ethnicity 文化的アイデンティティー:ジェンダー、人種、民族
Week 3: Cultural hybridity 文化の異種混淆性
Week 4: Global media 1: Focusing on representation グローバル・メディア (1):表象
Week 5: Global media 2: Focusing on stereotype and prejudice グローバル・メディア (2):固定観念、偏見
Week 6: Critical analysis of global media グローバル・メディアの批判的分析
Week 7: Intercultural conflict 異文化間の衝突
Week 8: Intercultural transition 異文化間の変化
Week 9: Intercultural adjustment 異文化間の調整
Week 10: Critical multiculturalism 批判的多文化主義
Week 11: Self-reflexivity towards social justice 社会正義に向けて自己を見つめる
Week 12: Self-expression towards social justice 社会正義に向けて自己を表現する
Week 13: Theorizing global citizenship 地球市民権理論
Week 14: Presentation 1: Examining global citizenship 口頭発表 (1):地球市民権の考察
Week 15: Presentation 2: Practicing global citizenship 口頭発表 (2):地球市民権の実践
Final Exam 定期試験
(Changes may be made in the schedule according to the number of students and the progress made in each class. 履修者数や授業の進み具合によってスケジュールが変更になる場合もある。)
予習・復習
について
Preferably, students should take Intercultural Communication BI beforehand. Students need to complete the assigned readings and come to class prepared. It is also important to review each lesson. 「異文化コミュニケーション論BⅠ」を受講済みであることが望ましい。各回の授業で指定された箇所をあらかじめ読み、意見の発表やディスカッションに備えること。講義内容を復習し、理解を深めることも大切である。
使用教材
Vincent, Peter. “Speaking of Intercultural Communication”. Tokyo: Nanundo, 2017.
『異文化理解の英語コミュニケーション』(Peter Vincent著:南雲堂)2,000円+税ISBN: 978-4-523-17840-8
参考文献
A dictionary. 辞書
Martin, Judith & Thomas Nakayama. (2013). "Intercultural Communication in Contexts (6th ed.)". New York: McGraw-Hill. ISBN: 978-1-259-07145-4
単位認定
の方法
Class performance 授業での積極的参加 (20%)
Comment sheets コメントシート (20%)
Presentation 口頭発表 (20%)
Final exam 定期試験 (40%)
成績評価基準
The evaluation will be done based on the levels of demonstrating intercultural awareness and knowledge about languages and cultures through comparative methods, and mastering skills necessary to activate intercultural communication. 異文化理解を高め、さまざまな言語および文化を相対的に考察することができているか。異文化コミュニケーションを活発に行うために必要なスキルを身につけているか。
その他1
その他2
参考URL