開講所属環境共生学部
時間割コード34301501
授業科目名生物学I(資)
授業科目名(英文)Biology I
科目区分基礎科目
担当教員小森田 智大
開講年次1年生
学期・曜日・時限前期 金曜日 4時限
単位数2


概要
原核生物と真核生物の細胞の構造、代謝活動(発酵、酸素呼吸)、遺伝子の構造、複製、蛋白質合成、光合成などの生物の細胞レベルの基本的な構造と機能および生態系に関する基礎的な知識を養成する。
到達目標
原核生物と真核生物の細胞の構造、代謝活動(発酵、酸素呼吸)、遺伝子の構造、複製、蛋白質合成、光合成などの生物の細胞レベルの基本的な構造と生態系の基礎的な機能に関する知識について、専門用語を用いて概要を文章で説明できるようになる。
履修上の注意
授業計画
第1回 イントロダクション
 生物の定義と階層性について、環境資源学科で生物学を学ぶ意義と関連させて説明する。

第2回 種の定義とリンネ式分類体系
 ・生物学的な種の定義を理解する。
 ・リンネ式分類体系の特徴を理解する。
 ・原核生物(細菌界、古細菌界)と真核生物(原生生物界、植物界、菌界、動物界)の特徴を理解する。

第3回 細胞の構造
 ・細胞小器官の役割を理解する。
 ・膜脂質を通した物質輸送の方法の概略を理解する。

第4回 生物に共通する化学的特徴
 生物は、特定の主要な元素からなり、複雑な高分子化合物も単純な構成要素から形成されるという生物に共通する化学的特徴を理解する。

第5回 生物の高分子化合物
 生態を構成する高分子の特徴を理解する。

第6回 DNAの特徴と複製
 DNAの構造と複製方法を理解する。

第7回 DNAの機能
 DNAの塩基配列からタンパク質合成にいたる過程を理解する。

第8回 エネルギーと酵素
 酵素の役割と特徴を理解する。

第9回 細胞呼吸
 細胞内における好気呼吸の特徴を理解する。

第10回 光合成
 ・光合成色素による光エネルギーの捕捉と、化学エネルギーへの変換過程を理解する。
 ・葉緑体における炭素固定の仕組みを理解する。

第11回 細胞分裂
 体細胞分裂と減数分裂の特徴を理解する。

第12回 遺伝
 遺伝の基本的なルールを理解する。

第13回 生物と環境;個体群
 個体群の成長と衰退過程の特徴を理解する。

第14回 生物と環境;生態系の中の物質循環
 生態系内における物質循環の特徴を理解する。
 
第15回 まとめ
予習・復習
について
予習:次回の講義内容について、関連する事項や基本的な専門用語について調べておくこと。

復習を兼ねた課題を配付するので、指定された箇所を解き、次回の講義で提出すること。
また、関連する箇所についての小テストを行う。
使用教材
やさしい基礎生物学(南雲保 編著;羊土社)¥2.900+税
参考文献
・図解でわかるフォトサイエンス
・ケイン生物学
・Essential 細胞生物学
単位認定
の方法
学期末に筆記試験を行う。
成績評価基準
講義で解説した要点について理解し、それらの概要を文章で記述して説明できるかどうかで評価する。
その他1
その他2
参考URL