開講所属環境共生学部
時間割コード34309301
授業科目名物理学II(資)
授業科目名(英文)Physics II
科目区分基礎科目
担当教員張 代洲
開講年次1年生
学期・曜日・時限後期 月曜日 2時限
単位数2


概要
概要:最も身近な現象と結びついている熱力学、振動・波動、光学および電磁気学について学習する。物体と流体の運動現象を物理法則・物理概念に基づいて、基礎法則を適用する簡単化したモデルで数量的に理解する。またベクトル解析、微分・積分、微分方程式などを応用することによって理解を深める。
到達目標
受講生は、基本的な力学と流体力学の法則を把握してから、熱力学、振動・波、光及び電磁気現象などに対して物理の法則を利用して基本的に解釈できる。
履修上の注意
物理学Iを修得したことが前提
授業計画
以下の内容を15回に分けて実施する

第1回 熱平衡と温度、物質の三相、圧力、理想気体及びその方程式
第2回 準静的過程、一般的な状態方程式
第3回 熱力学の法則、気体の内部エネルギー、
第4回 均質等方系への第一法則の適用、断熱変化、熱機関の働く原理
第5回 波動、波の表現、波の分類
第6回 波の一般的な方程式及びその解
第7回 様々な波の現象、波の干渉、反射、屈折、回折
第8回 音波、音のうねり、共鳴、おんさ
第9回 音のドプラー効果
第10回 光、光の反射、屈折、干渉
第11回 レンズを通る光
第12回 静電気、電場、クーロンの法則
第13回 電位、導体、静電容量、電流、抵抗、電気回路 
第14回 磁場、電場と磁場発電
第15回 電磁誘導、電磁波
予習・復習
について
授業中に指示する。
使用教材
配布資料
参考文献
特に指定しないが、高等学校物理I・IIと大学物理初年級の物理学に関する教科書

単位認定
の方法
・定期試験
・中間テスト
・宿題提出
上記を総合的に評価する
成績評価基準
熱力学、波動、光学、および電磁気学の基礎知識を理解できているか。熱力学、波動、光学、電磁気学の基本法則を利用して、それぞれの分野の基本問題を解釈できているか。
その他1
その他2
参考URL