開講所属環境共生学部
時間割コード34319701
授業科目名応用情報処理実習
授業科目名(英文)Applied Information Processing Practicum
科目区分基礎科目
担当教員堤 裕昭
小森田 智大
開講年次3年生
学期・曜日・時限後期 水曜日 4時限
後期 水曜日 5時限
単位数1


概要
4年次の特別研究で必要とする情報処理技術として、口頭発表用スライドの作成技術、ポスター作成技術、デスクトップパブリッシングによる文書の作成技術を習得し、特別研究におけるプレゼンテーションおよびパソコンを使った解析が円滑に行えるように準備する。
到達目標
・これまでの実習をベースにした口頭発表用スライドの作成
・口頭発表用スライドをベースにしたポスターの作成
・テキストデータおよび画像データを素材としたデスクトップパブリッシング技術の習得
履修上の注意
作成した課題についての添削を重点的に行うため、実習の事前準備を必要とする。
授業計画
(担当;小森田)
第1回 イントロダクション
プレゼンテーションの役割とコツを理解する。

第2回 口頭プレゼンテーション;グループ1
これまでの実験・実習内容をベースにしたスライドを作成し、口頭発表を行う。

第3回 口頭プレゼンテーション;グループ2
前回の続きを行う。前回までに指摘した箇所は修正しておく。

第3回 口頭プレゼンテーション;グループ3
・前回の続きを行う。前回までに指摘した箇所は修正しておく。
・プレゼンテーションに使う素材作り。

第4回 プレゼンテーション用のイラスト作り;Photoshop
手書きのイラストをPhotoshopにより加工し、プレゼンテーションの素材を作る。

第5回 プレゼンテーションのイラスト作り;Illustrator
写真の素材をIllustratorにより加工し、プレゼンテーションの素材を作る。

第6回 口頭プレゼンテーション(2回目)
1回目のプレゼンテーション時に指摘された箇所、並びにこれまでに習得した技術を駆使してプレゼンテーションの修正版を提出する。

第7回目 ポスター作成
口頭プレゼンテーションとポスター発表の違いを説明し、ポスターを作成する。

第8回 ポスター修正箇所の指摘
個別にポスターの修正箇所を指摘する。

第9回 ポスター修正箇所の指摘と改訂版の作成
個別に修正箇所を指摘し、改訂版を作成する。大型プリンターを用いてA0サイズで印刷する。

第10回 ポスター発表
完成したA0サイズのポスターを使い、1人10分程度のポスター発表を行う。

(担当 堤)
第11回 DTPの基礎知識

第12回 DTPソフト Indesign の基本的な使い方

第13回 科学論文のための図表の作り方

第14回 Indesignを使った科学論文のレイアウト

第15回 Indesignを使った科学論文集の作成
予習・復習
について
説明した技術を用いた課題を提出すること。
使用教材
適宜テキストを配布する。
参考文献
単位認定
の方法
課題の提出状況と完成度で成績を評価する。
成績評価基準
口頭発表、ポスター発表、DTP作成技術の習熟度について、課題の提出状況と完成度で評価する。
その他1
その他2
参考URL